Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ not a puppy, not yet a...TOP思春期 ≫ not a puppy, not yet a...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

not a puppy, not yet a...

昨日、散歩の途中にシャウルスと出会った。シャウルスとは近所に住む大きなオスのバーニーズ、2歳くらい。
ルイジが小さなパピーの頃、ルイジにせわしなくまとわりつかれ顔に飛びつかれ前足でバシバシとされてもじっと静かに受け入れていたシャウルス。少し成長したルイジがプレイバウで遊びに誘っても相手にせずさらっと流していたシャウルス。

しかしここのとこ数ヶ月、顔を合わせることが無く久しぶりに会った昨日…シャウルスのルイジに対する態度がまったく違ったのである。
しっかりと立ってルイジを見据え、尻尾をかかげて「オスらしさ」をアピール。
体を小さくして耳と尻尾を下げて控えめな態度のルイジのニオイを悠々と嗅ぐ。ニオイ嗅ぎが終わってルイジがせわしなくプレイバウしたら軽く唸りもした。

シャウルス、ルイジをもうパピーじゃなくてオスとして扱っているんだ!

体は大きくなっても中身はまだまだパピーのルイジだけれど、こんなふうに他の犬から扱われることによっても自身がオスであることを自覚していったりするんだろうか。
そしていずれはルイジもシャウルスのように、よその犬のプレイバウを受け流したり自分のオスらしさをアピールしたりするようになるんだろうか…。

「女の子たちが思春期を通り越して受け身になってしまう前の、活発さや支配力をもった本当のパーソナリティがGirlの時期にはある」
というキム・ゴードンの言葉を思い出してちょっと切ないような気持ちになった。ルイジは女の子じゃなくてブラッコだけれど。
抑制のきいた成犬になってほしいといつも思っていつつも、今のときにめちゃくちゃなルイジもやっぱり愛しくなっちゃうなぁ。

500_ngp.jpg

こんな好奇心を抑えきれない表情とか。

500_jump.jpg

これは4ケ月くらいのときかな。かわいいなー(^^)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。