Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 噛みのおはなし その3TOP噛みのいろいろ ≫ 噛みのおはなし その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

噛みのおはなし その3

その1その2のつづき…

ルイジが3、4ケ月の頃のお話です。

私と遊ぶときの甘噛みは抑えることができるようになったルイジ。
今でも体を拭いているときなどに手を甘噛みしてきたり、ぎゅーっとくっついて撫で撫でしてるときに犬同士がするようなノミとり噛み噛みを耳や顎、髪などにしてくるけれど、こちらが嫌だなぁと思わない限りは止めません。そしてやめてといえばやめてくれます。

しかし私たちを悩ませたのが、ガウガウと目の色を変えて強くしつこく噛んでくる場合。
これは一体なんなんだろうとネットでいろいろ調べ、どうも転位噛みというやつらしい、興奮をコントロールできずに起こるらしいと。

散歩から帰ったとき、フラストレーションを発散すべく部屋に入ってくる私の足元にガウガウー!と噛み付いてくる。
毎回毎回(当時は1日6回の短い散歩をしていた)もう勘弁してって思ったな。。。
たいがい淡々と無視、スルーしてやり過ごしたけれど、2回ほどガツッと叱りました。首根っこをヒョイと持ってひっくり返して「Wat doe jij!?!?(何やってんの!?)」と。
私がルイジに対して大きな声で叱ったのはそれが初めてだったためもあるかもしれないけれど、それで私に対して噛んでくることは、家の中では一時、無くなりました。でもこの叱り方が良かったのかどうか分からないし人にもおすすめしません。そして「一時」というのは、思春期になってまた「逆切れ噛み」や「構って構って噛み」をするようになったから。

しかしなかなかしつこかったのがマルちゃんに対しての噛み。
マルちゃんは感情表現豊かでよく喋る(少なくとも私と比べて)。ルイジとも体当たりで遊ぶので、「マルちゃん=エキサイティング!」というのがルイジの中でも出来上がっていたのだと思う。
そしてマルちゃんは仕事に出かけて帰宅する、これがまたエキサイティングなわけです。
で、どうなるかというと、マルちゃんがドアから出入りするだけでガウガウ!一緒に遊び始めるとガウガウ!
服はどんどん破れるしマルちゃんの手足は傷だらけになるし…。

ちょうど歯の生え変わりの時期だったのもあって、ルイジの噛みたいモードはエスカレート。

500_greeneyes.jpg

その頃にマルちゃんが携帯で撮った写真。ライトが反射していかにも「恐るべき子犬」的に。こわやこわや。

ともかく仕事から帰ってルイジと遊びたいのにガウガウで遊べない、ソファーに座ったら腕に噛み付いてきて落ち着けない、で、怒りドッカーンなそんなマルちゃん、見てるほうだってストレスが溜まります…。
「マルちゃんの手はルイジを撫でるため、足はルイジと散歩するためにあるんだよ、だから噛んじゃダメだよ」とルイジに語りかけながら私もほんとに悲しかった。

それで私が提案したのが、「ガウガウしてきたら部屋から出てルイジの前から完全に立ち去る」。
それまでは木になって反応を返さず無視したりしてきたけれど、それだとやはりマルちゃんの存在はそこにあるから完全な無視にならないし、あまりに痛いと結局怒っちゃってルイジにとっては「大成功♪」。
だから部屋から立ち去る案を提案したのです。
ちょうどピンクスターホリデー(オランダにはそんなかわいい休日があるんです)で3連休だったので、その3日間徹底的に「ガウガウ→立ち去る」をやりました。
マルちゃんが出て行ったら私も別の扉から出て行って、ルイジは完全にひとりぼっちになってキュゥーン…



ドアの向こうに消えたマルちゃんを待つルイジ。
お互いに大好きで一緒に遊びたい、相思相愛でもなかなかうまくいかないこともあるよね。。。
そんな3連休中、ルイジのガウガウはどんどん減り、最後の日は晴れたお庭でBBQしてルイジものんびり、みんなハッピーに過ごせたのを覚えてます。
5月の末、ルイジ4ケ月。

週が明けてマルちゃんが仕事に行くとまたガウガウが戻ってきたり、週末でマルちゃんが家にいると収まったり、そんなのを繰り返しながらだんだんとマルちゃんとルイジ、穏やかに過ごせるようになりました。

今では一緒に楽しくかわいく時に激しく遊んでも「Genoeg!(やめ)」でストップできるし、マルちゃんがソファーで、ルイジがその下のカーペットの上で、一緒にお昼寝だってできます。
マルちゃんは仕事から帰って以前は「ルイジ着(古い、汚れたり破れたりしてもいい服)」に着替えていたけれど、今ではそれもしなくても大丈夫。
ただ、マルちゃんが出かけるときはまだまだ飛びついてガウガウが出ます。
「行かないで!行くなら殺してやる!アイラブユーーーー!!!!」ってまさにそんな感じ。「ちょうど痛くない程度に加減して噛んでくる、かわいいけど!」と忌々しげにマルちゃんが言うのもまた微笑ましかったりもするけれど、やはりガウガウが出るその前、ルイジがまだリラックスモードのときにケージに入れてます。
ケージに入れたらルイジ、おやすみモードになるのでこれで静かに見送りできる癖がつくと良いな。

そういえば、休日にみんなで出かけようとマルちゃんが着替えてきた服の匂いを嗅いで外出の気配を感じとったルイジ、ガウガウスタート!
ハーネスを見せて「ルイジも一緒に行くんだよ」と言ったら、「あ、はーい」ってピタッとガウガウが収まっておかしかったこともあったな。


家の中での噛みはこんな感じ。
しかし散歩中の転位噛みという厄介なのがまだ残ってます。次回はこれについて書きましょう…。


おまけ、

私たちを痛い目に合わせたニクい奴ら!

500_tanden.jpg

ちっちゃいちっちゃい前歯も拾ったのに紛失しちゃってコレクションはこの4本だけ。犬歯は絶対欲しかったので4本中2本は確保できて満足(^^)
ルイジの歯は4ケ月になった頃に生え変わり始めて1週間くらいで全部終わったかな。




にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。