Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ボルフTOP犬友 ≫ ボルフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ボルフ

去る日曜の夜は友達のポーランド人夫婦のW子とS君が遊びに来てくれました。
W子と私は3年前に通っていた語学学校が一緒で当時近所に住んでいた、しかしお互いシャイな我々に話すきっかけを与えてくれたのは…
彼らの愛犬、エアデールテリアのボルフ。

バス停で子犬を連れたS君と一緒にバスを待っているW子を見かけた日、「子犬飼ってるの?遊びに行ってもいい?」と話しかけたのでした。
それでマルちゃんも一緒にお宅訪問して、すぐにみんな仲良しになっていろんなところに一緒に出かけたり。今は私たちが引越しして近所じゃなくなっちゃったけれど、定期的に会っている大切な友達です。

500_borf.jpg

こちらがボルフ。
これはW杯南アフリカ大会のオランダVS日本を一緒に観戦したときの写真。
ボルフ、完全にオランダ寄りファッションだねぇ。

日曜の夜はボルフも来る予定だったけれど、諸事情によりで自宅待機でした。残念。
でもおしゃべりいっぱいして(おもに犬のこと)ルイジもいっぱいかまってもらって楽しい夜だったなぁ。
ルイジは特にS君のことが大好き、S君は意図せずに上手に犬語を使うことができて自然と犬が寄ってくるのだ。

知り合った頃のボルフはとにかく元気、とにかくやんちゃ、エネルギーは果てしなく永遠にでも走り回っているような感じ。
しかし月日がたちボルフももうすぐ3歳。
そして昨夜はなんとW子、「ボルフもすっかり落ち着いて本当に賢い犬になった」と言うじゃないですか。「家の中ではほとんど寝てるかリラックスしてる」って。
以前はボルフがいるからこれはここに置いておけない、とかすべてに気を使わなきゃいけなかったけれど(今の私がまさにそう)、今は食べ物をボルフのいる部屋のテーブルに置いたまま2階へ上がっても大丈夫だって。
苦労してた頃のW子を思うと本当に本当に良かったなぁと思う。

3歳か…。彼らも言っていたけれど、大型犬の内面の成長はとてもゆっくり。まだまだ先が長いなぁと思うけれど、それだって後になってみたらあっという間の出来事になるんだろうか。
ともかく、次に会うときはルイジとボルフと一緒にいるところの写真が撮られるかな。




にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。