Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 久しぶりのヒース野原でTOPお散歩 ≫ 久しぶりのヒース野原で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

久しぶりのヒース野原で

ずいぶん久しぶりにヒース野原へお散歩に出かけた。
1年くらい前までほとんど毎週末のように出かけていたのに足が遠のいていた理由は…

バイクが走り回ってルイジが大パニックに陥ったり、馬を追いかけて遥か彼方まで逃走したり、そんなことが続いて全然リラックスできなくて楽しくなくなってしまったから。

久々のヒース野原、お天気も良くて風が清々しく、早くもヒースが咲き始めたりしていて気持ち良かった。

b_140707_1.jpg

噂ではここでも犬のオンリードが義務付けられるようになったと聞いていたけれど、出会う犬たちはみなオフリード…
でも我々は8mのフレキシリード利用でお散歩したよ。

あっという間に遠くへ行ってしまって呼び戻しできなくてイライラ…なんて失敗はもうしたくない。

「ヨーロッパではオフリードが当たり前」
「ヨーロッパでは犬たちはみんなしつけができたおりこうさん」

そんなの…都市伝説です。

そりゃぁ本当にリラックスしてオフリードで散歩できる犬も多く見かけます。
でもそれって当たり前のことじゃないよ。

ルイジみたいにすぐにパニックになったり極度の興奮で我を忘れちゃうような犬もいる。そしてそんな犬は声が届かなくならないための命綱が必要なのだ。

犬をオフリードにできない…

義父は「オフリードにできない犬なんて生きてる価値が無い」みたいなことを言うし「トレーニングができてないからだ」と言ってくる人もいる。

私たちだって生き生きと走り回るルイジを見るのが大好きだしオフリードにできないことが残念でならない。夢が破れたような絶望的な気持ちにすらなる。

でも…

b_140707_2.jpg

昨日のヒースの原で、当のルイジは本当に楽しそうだった。
車から降りた瞬間から歩き方がいつもと全然違う。ウキウキランランワクワク♪が止まらなくてついつい足が速くなっちゃう、そんな感じ(^^)
変に興奮することもなく(笑)終始リラックスしてお散歩を楽しめたよ(^^)
来て良かった。


いろいろ理解してたくさんのコマンドも覚えているルイジだけれど、本当に覚えてほしいコマンドは一つ、「hier(来い)」だけ。
それができれば、それだけが望みだとマルちゃんは言っていた。
でも「これ一つだけできたらいい」ってやっぱり違うんだよね。すべてはリンクしているのだもの。

ルイジもうすぐ2歳半。ルイジと暮らしてきて、もう2年以上犬スクールに通って、トレーニング方法を間違えたと思うことは決してない。むしろ、あんな状態だったルイジに他に何ができただろうか、と思う(^^;)

でも、今の状態で満足しているかというとそうではないし、諦める気持ちもさらさら無い、というわけで…
考えている次のステップについてはまたいずれ書きます(^^)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。