Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ The changingmanTOP成長 ≫ The changingman

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

The changingman

去る土曜の夜、12時前に夜のお散歩をして帰宅。しかし私はいつものように2階へ上がらず用意した寝袋とともにTVの前で観戦体勢。そう、W杯です!
この日は夜の12時からイタリアVSイングランド、そして深夜3時からコートジボワールVS日本があったので。
ルイジ、ちょっと寝袋をフンフン嗅いだりしてたけれどすぐに自分のクッションに行って就寝。その後、ふと目覚めるたびにタオルなどをくわえて私のところに挨拶に来てくれてかわいかった(^^) でもそんなパピーサービスも3時頃に終了、その後は私が歓声をあげようがぐぅの音を出そうがトイレに立とうが歯を磨こうが全然起きなかった(^^;)

さて、残念だった日本の試合からの週末。

日曜の昼間、マルちゃんは窓枠や玄関などのペンキ塗り、私は庭の草むしりなどをしていた。
そしてルイジは終始、適当なところでリラックスして過ごしていたよ。

これ、私たちにとっては本当にすごいこと。
だって以前はマルちゃんが家の周りで何かしてると、出入りしたり窓から見え隠れするその姿にルイジ、ギャウギャウヒャンヒャンこの世の終わりみたいに大騒ぎしていたから。それが今や何の文句も言わず昼寝したり時々庭にいる私のところにタオルをくわえて挨拶に来てくれたり。
なんともビックリでまた嬉しい変化である(^^)

b_140616_1.jpg

外の通りで遊んでいる子どもたちの音を聞いているルイジ。
敷物の端っこに座ってるのがまたかわいい(^^)

変化と言えば、お散歩中に出会う犬に対してもまた。
ある特定の犬たちと出会うとガウガウ吠えるようになってしまっていたルイジ。
この特定の犬たちとはルイジより小さくて同じ年頃、そして虚勢を張っているようなオス犬。つまりは自分の力を試したくなるような、いけそうな相手であるように見られた。
そんな犬と出会ったらすぐに方向転換してガウガウの出る前に回避。
さらにジョギングの人、ローラースケーター、自転車に乗った子どもなどとすれ違うときはおやつマグネットで早めのアテンション、アテンションが取れずルイジが頭を下げてロックオン体勢に入ってしまったときは方向転換あるいは道の端に大きく避ける。

そんなふうにしてきて数か月…

この頃なんだかすれ違いが上手になってきたのです(^^)

昨日の散歩中の知らない犬とのすれ違い、ガウることも、またすれ違い後に相手の犬のお尻に向かって、あるいは別方向へ向かって突進するようなこともなかった。
リードを持ってたマルちゃん、びっくりした顔をして私を振り向いて「今の見てた?」って、それよりここはルイジを褒めるとこ!
もちろん見てたよ。
ルイジ、いろんなシグナルを出してた。まず相手が近づいてくるのを確認したらニオイを嗅ぐ仕草、さらに軽く弧を描いて前進。そしてすれ違うときは尻尾を掲げて「ボクは大きなオスだぞ」と。

素晴らしい理想的なすれ違いの一部始終、しっかり見てたよ(^^)

さらには天敵とも言える2大ガウガウの相手と不意に至近距離で出会ってしまうことも最近あったのだけれど、ルイジは自分の体を大きく見せつつもまったくガウらずにやり過ごした。

とっても嬉しい変化である(^^)

男は黙って力持ち、そんなふうになって欲しい。

b_140616_5.jpg


ついでに先日、お散歩途中に寄ったマックで…

b_140616_2.jpg

ついにテラス席ではなく店内の席に座ってコーヒーを飲むことに成功したよ!
外は日蔭で寒そうだったから余計嬉しかった、ルイジありがとう(^^)

その帰り、干し草の山で遊んだよ。

b_140616_3.jpg

b_140616_4.jpg

フカフカ楽しかったね(^^)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
Goedendag!(あってます??こちら、北西ドイツなんで、低地ドイツ語、ほぼオランダ語なんですよー私はまだ理解できませんが^^)
私が今まで、飼ったこと、預かったことのある犬は全部、雌犬だったのでオス犬の行動って未知の世界。
ルイジ君、本当に理想的なすれ違いが出来てますね。まずは鼻で情報収集、弧を描いて相手へのリスペクト。只今、若い方の犬のこれを訓練中なので、難しさがとてもよく分かります。犬の前に私が立ち塞がって(犬を自分の後ろに追いやって)ここは私が引き受けた!安心しなさい!”という姿勢を取るようにしていますよ。
日々の一つ一つの成長の変化って、飼い主にとってはホントにうれしいですね。
2014年06月22日(Sun) 09:59
akaさんへ
編集
Goedendag…って言うとこも地方によってはあるかも。近い単語いっぱいありますもんね(^^)

私も夫も一緒に暮らしてきたことがあるのはオスばかり、なので逆ですね。我々にとってはメスが未知の世界です。
個体差はもちろんあるしルイジみたいに繊細ちゃんでややこしいタイプ、もっと自分に自信があってどっしり構えてるタイプなどいろいろあるとはいえ、オス犬って概して他のオス犬との順位づけが気になる、売られた喧嘩は買う、でもメスに対してはめっぽう弱い…そんな感じかなと思います(^^)
ルイジのブリーダーさんは「ブラッコのオスはとにかくスイート、メスはビッチよー」と言われてました(笑)

リードや言葉でどうにかしようとするよりボディーランゲージを使ったほうが犬にとっても分かりやすいですよね。すれ違いの対象と反対側を歩くように指示するだけでもずいぶん変わりました(^^)ⅾ
2014年06月25日(Wed) 16:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。