Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ もりだくさんぽTOPお散歩 ≫ もりだくさんぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もりだくさんぽ

昨日のお散歩、二つめのオフリードエリアで…

b_1411_2.jpg

ここを歩いてるとおじいさんに連れられたライカという名前のメスのアメリカン・スタフォード・テリアとよく会う。
ライカはとにかくエネルギッシュ。伏せからの突撃爆走にルイジはもうたじたじになってしまう。
昨日もライカが走ってくるたびに反対方向へ走って逃げてなかなか距離が縮まらない。その姿にライカの飼い主のおじいさん、「この状況をまったく信頼してないんだな」と。
うーん、そうでもないんだよ。ルイジは怖がりだけれど怖くて逃げて終わりじゃない。
怖い、でも好奇心は旺盛なのだ。
時間は多少かかったけどこの日もそーっと後ろから近づいていってライカのニオイを嗅ぎにいってそこからしばし追いかけっこ遊びをしていたよ(^^)

その前に別のオフリードエリアで出会ったバルーという名のメスの黒ラブちゃん。この子もとにかくエネルギッシュで激しい子。
熱烈にアプローチされてルイジ、ドン引き(^^;) 耳を開いてド緊張の面持ちで「近寄らないで」オーラを発していた。
散歩させていたドッグシッターさんは「ルイジは他の犬に対していつもこんなに怖がるの?」と。
そうでもないんだよ。フィーリングが合う同じ年頃の猟犬たちとは数秒で追いかけっこ遊びが始まるもの。
相手のボディランゲージが熱烈過ぎたり威圧的だったりするとルイジ、引いちゃうんだよね。

そんな感じで2頭の激しいお姉さんたちとの出会いの後、池のほとりで小休憩。

b_1411_4.jpg

すがすがしいお天気(^^)
ここの先のところにお座りしたルイジを写真に撮れたらなぁと思うのだけど…

b_1411_3.jpg

おそるおそる…

b_1411_5.jpg

超へっぴり腰でおやつ(私が置いた)を食べてこの日は精いっぱい(^^;)
いいよいいよ。ちょっと前までここに乗ることすらできなかったもんね。
またチャレンジしてみよう。

さらに歩いていると「チューイ!チューイ!」と呼びながら自転車をこぐ女性と出会う。
聞けば猫が行方不明らしい。「黒い長毛の猫、見かけなかった?」と。気の毒になぁ、と思いつつ先を歩いていると黒いフサフサの尻尾が木の影に見えた。
ルイジも反応したのでそれ以上は近づかないようにしてさっきの女性を探す。女性、ご主人と思われる男性とまだ猫探しをしていた。
「あっちでそれらしい猫の尻尾を見ましたよ」と場所を告げて、女性と私とルイジで確認しに行った。
でも猫の姿はそこにはもうなく…。「他を探すわ」と自転車を漕ぎながら「チューイ!チューイ!」と呼びつつ去っていく女性。
ほんとにもういないのかなぁと私が木の影を覗くとルイジも頭を突っ込んだ、そこは…バラが植えられていた!
トゲトゲのツルがリードに絡んでワーとなるルイジ、それを払おうとして私の両手は血だらけになってしまった。。。(T▽T)
そこへジャックラッセルのパピーが突っ込んできてルイジも応戦。思わず離してしまったリードは足で咄嗟に踏んでルイジ確保。

ジャックラッセルの飼い主さん、ルイジのことを「怖がりな犬なの?」と…。怖がり怖がりってもう、違うの!ルイジは慎重な子なの!でもそんなことより私の血だらけの手…。

完全にトーンダウンで家路に。この日も結局2時間の散歩になっちゃった。疲れたな。。。

ルイジもさすがに疲れてた。もりだくさんだったねぇ。

しばらくヨダレの先に葉っぱをぶら下げてボーッとしてたよ(^^;)

b_1411_6.jpg

アクセサリー風、オシャレ。

ともあれルイジはバラのトゲの被害にはまったく合わなかったし私の傷も浅かったので良かった良かった。
そしてチューイという名の猫ちゃん、早く見つかりますように。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。