Luigi de bracco

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 秋のはじまりと皮膚炎のおわりTOP薬とか病院とか ≫ 秋のはじまりと皮膚炎のおわり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

秋のはじまりと皮膚炎のおわり

先日の気温が下がって寒かった夜、2階にいたら下から「ちょっと来てー」とマルちゃんの声。
階段を降りてドアを開けると…
このニオイ、この空気…

b_0923_1.jpg

薪ストーブ始まってました(^^;)


暦の上では昨日から秋。 
オランダの秋というと冷たい雨風。お日様にもなかなかお目にかかれず一番嫌われものの季節かも。
濡れた落ち葉は滑りやすいし犬の散歩にも厄介な季節だ…。

でも今年は「えー、もう夏終わり?」っていう感じがしない。
ちゃんと夏日があったしちゃんと夏を満喫できたもの。
夏の間の写真を眺めてて、あぁ、ルイジといろいろしたなぁ、楽しかったなぁ、ルイジ頑張ったなぁって思いだしたよ(^^)
あんなに大変だったキャンプも写真を見ながら振り返るとすでに微笑ましい思い出になっている。

しかし今年は夏の間中、皮膚炎が発症したり治まったりまた戻ってきたりだった。
6月に最初に発症したとき、頭から背中がぼこぼことしていたときの写真をブログに載せようか…としばし悩んだけどやめときます。鳥肌がたっちゃうような見た目なので…。
本当に酷くてかわいそうだったな…。

病院には3回通いました。

最後に行ったのは10日前。
カサブタになっていたところを掻いて紫色に大きく腫れてしまっていたので。病院に行く前にまた掻いて中のお汁(^^;)が出てまたカサブタになっていた。

飲み薬とか処方されるのかと思っていたけれど今使っている塗り薬だけでだいじょうぶだと。
でも食べ物に対するアレルギーの可能性があるのならば療法食を使ってみたらと勧められた。
その療法食のみ、おやつもなしで8週間…。とりあえず療法食のサンプルを2種類もらって帰宅。

うーん、しかし。
掻いて傷になってしまったところ以外にはもう新しい炎症は出ていない。夏も終わりなのにこのタイミングで療法食を試す意味があるのか…。
マルちゃんと相談した結果、今は療法食は使わないことに決めた。
基本の食事は今まで通りの肉。おやつは手づくりのもので。
食欲にむらがあるルイジの食の楽しみを奪いたくないという気持ちもあり…。

でも病院に行って、結構ひどく見えていた傷部分も今使ってる塗り薬だけで大丈夫と言ってもらえたことで安心はできた。
掻いて流血して絶望的になってしまったりしていた私の気持ちも落ち着いた。

今は一番大きなおハゲちゃんもずいぶん小さく、その他に首にできてしまった炎症も小さくなって赤味もほとんどひいた。
1ケ月くらい前に「皮膚を強くするから」と病院で勧められたオメガ3を摂取してるおかげもあってか毛並みも一層ツヤツヤ(^^)。

考えてみると2回ドバッとぼこぼこ皮膚炎が発症したのはどちらも強いストレス状態におかれた後だったなぁ。
心も体もデリケートちゃんな犬だ…。


さきほど首のあたりについてたダニを発見→駆除。これが今年最後のダニになるかなー?


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。