Luigi de bracco

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ キャンプ in Normandy 6日目 前篇(愚痴の巻き)TOPノルマンディー ≫ キャンプ in Normandy 6日目 前篇(愚痴の巻き)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

キャンプ in Normandy 6日目 前篇(愚痴の巻き)

キャンプ6日目、前夜は嵐で周辺の木々がざわざわと大きな音を立てテントもバタバタはためくし私は落ち着かなくて眠れなかった。
ルイジはというと始めこそ緊張して怖がっていたけれど、マルちゃんが「だいじょうぶだからおやすみ」と声をかけたらあっけなく伏せて眠りについた。
しばらくすると仰向けで完全に開きになって寝ていたよ。たいしたものだ(^^;)

朝になってもまだ多少雨が降っていた。テントの外に出たルイジが何かに対して吠え始めた。
一体何に、と思ってテントの小窓からのぞくと…
遠方を歩く人の傘。

今までにルイジは傘を見たことがないわけではもちろんないし私とマルちゃんも1回ずつくらい傘をさしてルイジとちょっと歩いたことがある。
犬スクールでも傘をさしたり開いたりその側を歩いたり、そんな練習もしていたんだよ。
でも…
この不慣れなキャンプ場で、そしてちょっと離れた距離から見る傘って警戒警報に値するものになっちゃったらしい。
こんな場合、注意をそらすよりもテントの中に呼び寄せるよりもそしてストップコマンドをかけるよりも有効なのは、一緒にその警戒警報の対象まで歩いていってなんでもないんだよ、と分かってもらうこと。

この場合もマルちゃんがルイジをその傘の人の近くまで歩いていって事情を説明しちょっとお喋りしたり。
私は一部始終をテントの中から(寝袋の中から)覗いていた。
ルイジの様子は「警戒&恐怖」→「好奇心&友好」にあっさり変わったよ。

でも…こんなふうにひとつひとつこなしていくことは大切だと分かっているけれど面倒くさくて飼い主だってはっきりいって疲れる。
遠くの傘はだいじょうぶと分かった、でも動いてる傘はまた別物→吠える…
白い牛はだいじょうぶ→黒い牛は怖い→吠える…
いつもの場所にいるロバは大丈夫→違う場所にいるロバにびっくり→吠える…

こんなことの繰り返しでこの日の朝はマルちゃんがちょっと限界にきてしまった。
「もう飽き飽き、疲れた、うんざりだ。そもそも旅行に出かける意味って何?昔は違う世界を見たいという理由もあったかもしれない、でも今はテレビやインターネットでなんでも見られるじゃない」って。
「ここまで本当によくやってきたじゃない、ルイジだって頑張ってるんだよ、私もこれで意外とキャンプを楽しんでるのよ」と励ますけど…。
私だってこんな我慢大会の体でキャンプする意味がよく分からない。

マルちゃんはお隣にキャンプしているオランダ人家族にもうんざりだという。
幼い男の子二人を連れた4人家族。
男の子二人は終始文句ばっかりたれている。それをなだめてどうにかハッピーなムードにもっていこうとするお母さん。ずっと不機嫌なお父さん。。。
私はその気になろうとしないと会話のすみずみまで聞き取ることはできないけれど、マルちゃんにはもちろん全部わかっちゃうわけで…。

そのオランダ人家族だってキャンプに飽き飽きしているのが一目瞭然なのだ。
でも居座っている理由は…オランダ人にとって、最低でも2週間、平均で3週間はバカンスに出かけるのがステイタスだから。
「3週間バカンスしてきたのよ、日頃のストレスから解放されて太陽の下で快適にリラックスして過ごしたわ」
というステイタス。。。
ホテルやコテージに滞在する人たちもいるけれどそれは少数派でだいたいはテントやキャラバン生活(オランダ人は倹約家(ケチ)だから、節約して安くあげることがまた快感につながるのだ)。

確かに日常のストレスからは解放されるかもしれない。でも長期にわたるキャンプバカンスがストレスフリーとは私にはとても思えないのである。
お手洗いやシャワーのために数百メートルもいちいち歩いたり。
不便な場所、道具でお料理したり。
洗い物や洗濯もえんやこらと所定の位置まで運んで空いてなかったら待たなければいけない。
雨が降ったらテントの中でじっと体育座り。
周囲は不平不満で騒ぐ子どもたちにそれをたしなめたりお説教したりの親、そして警戒警報で吠える犬。

そんなキャンプ生活を3週間も経たあとで「楽しかったわー、リラックスできたわー」というオランダ人たち…
もはやそんなのは思い込みや強がりに過ぎないのではないかと思えてしまう。それとも限界を過ぎたあたりでエクスタシー状態になれるのか…。



ともかく… 私たちにはそんな何週間ものバカンスは向いてないと分かったね、もうそろそろ切り上げましょう、という結論に至った。

あぁ、愚痴ばっかりで長くなっちゃったな…。

6日目のことは次のブログにつづきます。
ちなみに次のも不快な出来事が起こっちゃったのであんまりハッピーな記事にはなりません。



b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。