Luigi de bracco

2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ フースTOP犬友 ≫ フース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フース

お散歩中によく会う犬の中にフース(シュタバイフーン、♂、5歳くらいかな)という子がいる。
写真を撮らせてもらったよ。

b_guus.jpg

b_guus1.jpg

ルイジとも良好な関係、友好的で活発、ちょっと気ままなところもあるフース。飼い主さんの70歳くらいのおばさまは本当によくフースと散歩している。
一日のお散歩は朝に2時間、昼過ぎに2時間、夜に軽くひとまわり…すごくない?私そんなに歩けない。。。
しかも夜は軽くひとまわりといいつつ、おうちからだいぶ離れたところを夜遅くにお散歩してるのを車の中から見かけてびっくりしたこともあった。
でも彼女にとってはそんなふうにいっぱいお散歩して出会う犬飼いさんと犬談義をかわすことが生きがいなんだろうなぁ。
マルちゃんと私がしばらく日本に行くと言ったときは「じゃぁお散歩中に会えないのね」と残念がられたものだ。「ルイジに会えないなんてさみしいわー」って(^^)
ルイジをかわいがってくれながらときにフースの愚痴をこぼしたりするおばさま。まぁそれだって愛情の裏返しなのだけれど。

オフリードエリアをお散歩してて、フースがだいぶ離れたところを歩いていて、おばさまが呼び戻しても全然聞く耳持たなかったことがあった。
おばさまイライラして「これだから頑固なフリージアンは!」って。マルちゃん、「えーっと、僕もフリージアンなんです」
まぁマルちゃんも頑固だよね。私も相当頑固だけどね(^^;)

シュタバイフーンはオランダではフリースシュタバイと呼ばれている、そのフリース=フリージアン=フリースランドの、という意味。フリースランドとはオランダ北部に位置する州。
サッカーファンにはハート模様のような柄ユニのヘーレンフェーンで、スケートファンにはスケートリンクのティアルフなどでおなじみかもしれないしそうでもないかもしれないフリースランド。
フリージアンホースという馬もフリースランド産。

b_fh.jpg

力強さとエレガントさが共存する美しい馬だよ。


えぇと、話をフースに戻して…

かつてフースが若犬だった頃。フースにお留守番させて出かけるときにおばさま、残されたフースがどんなことをしてるのか興味があって出かけたふりをして窓からこっそり覗いてみたんですって。
そしたらフース、コーヒーテーブルの上で仁王立ちしてたらしい(^^;)
おばさま、呆気にとられて怒るべきかどうなのかわからなかったって。そこは…笑うところでしょう。フース、おもしろいねぇ。


でもお留守番中の犬がどうしてるのかは本当に気になるところだよね。
今は私たちはケージを使っているけれど、ゆくゆくはケージも使わずフリーでお留守番してもらいたいなぁと思っている。
その練習として、日中私が上階で仕事をするときにルイジを1~2時間フリーにしてみている。どうしてるかすっごく気になるよ。ウェブカムとかで見てみたい。

今日はルイジがクッションで寝ているときにそーっと2階に上がった。しばらく後にルイジがゲッゲッと咳をした後おげぇーと吐く音が聞こえた。
そしてルイジが階段の下まで歩いてきて上の様子をうかがっているのが分かった。それでもこれは半留守番なので私、無反応でいるとルイジ、部屋に戻っていった。
多分ソファの上で寝てるんだろうな、と思いつつしばらく後に降りて様子を見たら…
床の上に嘔吐物(草など)少々、ルイジはちゃーんと自分のクッションの上で寝てた!

えらいえらいいい子いい子!って褒めて床を掃除。

フリーでお留守番しててしそうなしちゃいけないことがせいぜいソファで寝ることくらいなら、ケージ無しにできるときもそう遠くはないかなぁ。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える





関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。