Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ アシカショーと世界遺産TOP日々つれづれ ≫ アシカショーと世界遺産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アシカショーと世界遺産

ルイジの近況アップデートの前にちょっとブレーク…

日本滞在中に広島の宮島水族館を訪れたよ。
アシカショーの輪投げ、「お客様の中でお手伝いを…」とお兄さんが言い終わる前に立ちあがって手を挙げて立候補しちゃった(^^)

ashika.jpg

ちょっとドキドキしながらいざ!
いいとこに投げられてアシカちゃんに上手にキャッチしてもらってとっても嬉しかった(*^^*)
実は何年も前に八景島シーパラダイスでも同じように輪投げをさせてもらって、しかしそのときは輪っかがアシカちゃんに届かず無念の失態…ジーッとこちらを見て輪っかを待ち構えていたアシカちゃんに申し訳ないことしたのだった。。。

アシカショーに登場したアシカたちは入れ替わり立ち代わり。途中、3歳の若いアシカが”飽きちゃったから”と退場したり。
ショーを見ながらマルちゃんが、「犬の”おやつを使ったポジティブトレーニングはこういうところから来てるんだよ、アシカやイルカには罰が有効じゃないから」と。

アシカショーやイルカショー、動物たちのやらされる感がかわいそうと思う人もいるかもしれない。でも本当に嫌だったらやらないと思う。
おやつを突き付けられたって嫌なことはやらないだろう。

知的な刺激を欲してそれを楽しむことができる動物たち、トレーナーとの共同作業は退屈でも嫌なものでも決してないと思う。
そして先ほどの飽きちゃった若いアシカちゃんのように、それが嫌なものになる前に切り上げてしまうのも大切なこと。
そして動物たちのやる気を引き出すのにトレーナーのモチベーションもまたとても大切。

輪投げをするときにキラキラした目でこちらをジーッと集中して見ているアシカちゃん。
きっとこんなふうにいつものトレーナーのお兄さんやお姉さんじゃない、投げるのが下手なお客さんから輪を投げてもらうのもいい刺激なんじゃないかなぁと思う。
島根のアクアスでもシロイルカのショーをお手伝いさせてもらったことがあった。
水槽の前に立ってシロイルカちゃんの前で手をぐるぐる回す、始めは私のサインが分かりにくかったみたいで「?」だったシロイルカちゃん、でももっと身振りを大きくしたら「あ、あれね!」と本当にピンと来たような表情をしてグルグル回ってくれた。かわいかったなぁーー!!!

「一緒に何かしたい」と動物たちにおのずと思ってもらうには、やっぱり罰や恐怖による支配じゃなくてポジティブトレーニングだと思う。


トレーニングといえば、日本に帰省する2日前にルイジの「続・若犬コース」が修了しました。
最後の会はいつものようにアジリティ。トンネルくぐったり輪っかやバーをジャンプしたり、ルイジがんばったよ(^^)
ルイジと私たちがもらった修了証、これで3つめ!
この「続・若犬コース」は「成犬コース」も兼ねていて希望すればまた受講することができるので我々はこのまま続けますよー。
次のが最後になるか…どうかなぁ。。。


おまけ、マルちゃんの携帯カメラの写真。

coroseum.jpg

これの約1週間後に…

torii.jpg

これ。。。

すごいね(^^;)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。