Luigi de bracco

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ブラッコ in イタリアTOPブラッコ・イタリアーノ ≫ ブラッコ in イタリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ブラッコ in イタリア

昨日の記事でマルちゃんがイタリアに出張に行ったと書きまして、そのついででマルちゃんがイタリアで聞いたブラッコの話を…(一般論ではなく、一人のイタリア人から聞いた話です)

イタリアではブラッコはもちろんとってもメジャーな存在。しかし大抵の場合、家庭犬としてではなく狩猟犬として飼われているんですって。
そのマルちゃんが話を聞いたイタリア人も親戚が狩猟をしていて、そのためにブラッコを数頭飼っていると。

彼の話によると、狩猟犬として飼われているイタリアのブラッコたちは、暖房も毛布も無いような納屋の隅っこで産まれ強い子犬のみが生き残る。その生き残った子犬を昔ながらの方法(粗相をしたらそこに犬の鼻を押し付けて叱るなど)でしつける。狩猟のトレーニングは特にせず、先輩犬たちと一緒に狩に連れて行き、自然と学ばせるんだそうです。

なんとまぁ…と思ってしまうけれど、しかしよく考えてみると彼らは狩猟という仕事を与えられ、飼い主と共に共同作業をし、一日中働いて心地よい疲れとともに仲間たちと充実した眠りにつくんだろうな。

私たちは猟をしないので(そもそも私は肉を食べないし…)そんな充実感はルイジに与えられない。
だから何より私たちと一緒にいること、それを幸せだと思ってもらえなければいけないんだな。
ルイジと私たち、共に幸せな生活を送れるように、どこにでも連れていけるような犬になるために、今のトレーニングが必要なのだ…

500_kamonanban.jpg

カモのぬいぐるみのカモナンバン(マルちゃんが名付けた)とともに。
ブラッコで画像検索するとこんなふうに(?)獲物と共に誇らしげに写真に納まる狩猟ブラッコたちがよく見られます。





にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。