Luigi de bracco

2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOPスポンサー広告 ≫ はじめましてTOPブラッコ・イタリアーノ ≫ はじめまして

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

はじめまして

luigi_bankliggen500.jpg

はじめまして、カヤコといいます。
オランダにてオランダ人夫のマルちゃん、ブラッコ・イタリアーノのルイジと暮らしています。*hanaha*というブランド名でバッグなどを作ってます。
こちらでは*hanaha*のブログに書ききれないルイジのこと、犬のことを中心に綴っていきたいと思います。

ルイジは2012年1月30生まれの男の子。ただいま7ケ月半で思春期まっただなか、体重はすでに30kgを超える大型犬です。
ブラッコ・イタリアーノってあまり知られていない犬種だけれど、世界でもっとも古いポインターなんですよ。ごっつい足とだぶだぶの毛皮、思慮深いおじいちゃんのような風貌が特徴です。

犬と一緒に暮らしたいというのはマルちゃんと私の共通の夢で、しかしそれがどんな犬になるのかはなかなか決められずにいました。でもいずれにせよ初めての自分たちの犬だから、子犬から育てたい。ブリーダーさんで親犬を見させてもらってその性格を知った上で決めたいと思っていました。

そんなときKeet in huisというオランダはアムステルダムにある雑貨屋さんのHPをたまたま見ていてそこに登場していた犬にひとめぼれ、この犬は一体なんという犬種だろうとインターネットで調べたのがブラッコ・イタリアーノとの出会いでした。
そしてうちからほど近いところにブリーダーさんが存在するのが分かり、訪問してそちらで飼われている4頭の牝のブラッコと会い、そのフレンドリーで穏やかな性格、がっちりしつつすらっとした体格、独特の風貌に改めて惚れ直し、次に子犬が産まれたときは是非譲って欲しいと約束をしたのでした。
そのときブリーダーさんから、家族構成や家にいる時間、犬を飼った経験や家や庭のつくり、床の素材などなど、かなり細かく質問され、なんだか面接試験のようでした。
このブリーダーさんは、ブラッコ・イタリアーノを初めてオランダに持ち込んで繁殖した方たちなのです。とても親切で話しやすいご夫婦だけれどその経験とブラッコに対する自信と誇りは大変なもの。信頼できます。

そしてそれから約1年後、待望の子犬が私たちのもとにやってきました。
小さかったなぁ、かわいかったなぁ…
イタリアの犬だからイタリア人の名前がいいな、ということで好きなサッカー選手のジャン=ルイジ・ブッフォンから名付けました。

優しくて穏やかな性格とされるブラッコ、しかし子犬はやはり子犬でした。
ほのぼのかわいい子犬との暮らしを想像していたけれど現実はなかなか…
ルイジがきてから今までの6ケ月に起きたいろいろもぼちぼち綴っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016年07月29日(Fri) 08:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

-
管理人の承認後に表示されます
2015年06月30日(Tue) 09:24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。