Luigi de bracco

2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クワトロという名の猫

先日dog actuallyの記事、

シェルターではどんな特徴の犬が選ばれる?

を読んでまたオランダの犬猫保護センターで研修をしていたときのことを思い出した。

確かに小さくて若い子のほうが新しい飼い主さんに引き取られるのは早い。
でもそれより記憶に残っているのはハンディキャップのある子も引き取り手が見つかりやすいということ。少なくとも猫に関しては。
片目が無い猫、3本足の猫、1週間以内に里親さんが見つかることがほとんどだった。
でもクワトロは違った。

クワトロ、私の記憶にもっとも印象深く残っているこの猫はセンターに保護されたとき、交通事故にあってドロドロボロボロ、そして前足の片方が潰れた状態だった。そして痩せ細った体に大きなお腹。妊娠していたのだ。
治療の甲斐あってクワトロはみるみる回復した。足を一本無くして三本足になった猫にセンターの猫担当者はユーモアをもって「クワトロ(4)」と名付けた。

クワトロ用のスペースであった医療室にお世話に行くと、私の後をニャーニャーと鳴きながらピョコピョコとついて回って食べ物をねだった。ご飯をあげるとあっという間に食べてしまってまだ欲しがる。クワトロの様子が綴られた日誌の注意事項を見ると「大食漢」と記してあった。
私が部屋を掃除をしている間にクワトロ、しまってあった開封後の猫缶を見つけて食べていた。通りかかったセンターの人に「指定された量以上に食べたがるんです」と言うと、「好きなだけ食べさせておあげ」と言われた。
すっかり回復して毛ヅヤも良く、そして人懐こかったクワトロ。

でもお産を乗り切ることができなかった。

産まれた子猫たちはちょうど同時期に子猫を産んだ母猫が自分の子猫たちと一緒にお世話してくれていた。
研修最終日に産まれたばかりの子猫を見せてもらった。子猫ってニャーでもミーでもなく、ピピピと鳴くんだね。かわいかったなぁ。
クワトロ、生きていたら子猫と一緒に是非引き取りたいと言う人がいっぱいいただろうになぁ。

クワトロの他にも特別な思い入れのできる猫たちはいっぱいいた。引き取ることができたら、と思うけれどでもこの研修初日に猫アレルギーが発症したので猫と暮らすことは難しくなっちゃった(^^;)(その後、研修中はマスク着用して猫たちのお世話をさせてもらった。他のオランダ人ボランティアさんや研修生たちに異様がられたけれど)

それにしてもどの保護されている犬猫も「かわいそう」という感じはしなかったのは「死を待っていないから」だろうと思う。
私が研修したオランダの犬猫保護センターについて、詳しくは以前に書いた記事をどうぞ。

オランダの犬猫保護センター

猫の話だったので猫の写真でも、と思ったけれど猫写真、撮ってないんだなぁ…!
見つかったのはひとつだけ、4年前に訪れたオランダ南西部のゼーランドで撮った街中猫写真。

kat.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

W 杯までもう少し!

広告を開くとこんなふうにオレンジ色がいっぱいで…

b_140522_1.jpg

もうすぐW杯なんだなぁとワクワクしちゃう(^^)

スーパーで見つけたこれ、買ってみたよ。

b_mm_1.jpg

ルイジ、興味しんしん(^^)
チョコレートは人用、ボールはもちろんルイジ用だよー♪

b_mm_2.jpg

b_mm_3.jpg

お遊び、スタート!

b_mm_4.jpg

噛みごたえモフモフ(^^)

b_mm_5.jpg

口にぴったりみたいね(^^)d


前々回、2006年のドイツ大会の年に私はマルちゃんと出会って、前回、2010年の南アフリカ大会はオランダから観ていた。
決勝戦の前日はマルちゃん弟のお誕生パーティーで、あの日はオランダにしてはとっても珍しく30度を超す暑い日だった。
マルちゃんお婆ちゃんに「明日の決勝戦、オランダとスペインどっちが勝つと思う?」と聞いたら「そうねぇ…引き分けね」と答えが(笑)

そのお婆ちゃん、ルイジにいつも優しくしてくれたお婆ちゃんは今はもういなくて…。

4年に1回ってあっという間にも思えるけれど、その間にはいろんな出来事があって、それを考えると3大会連続出場できる選手ってどんだけすごいんだろうか。

12年って犬にとってはほぼ一生にあたる年月だ。
ルイジ、次のロシア大会はもちろん、2022年のカタール大会のときも元気でいてくれますように。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

もりだくさんぽ

週末の朝んぽはもりだくさん。

飛び石チャレンジ。

b_140519_1.jpg

おそるおそる一歩を踏みだして…

b_140519_2.jpg

その調子、いいよー(^^)

b_140519_3.jpg

ゴール!よくできました(^^)d

b_140519_4.jpg

おまけの池ポチャ(^^;)

途中でマックでお茶するのが最近のブーム(?)
今まではマルちゃんが中に入ってコーヒーなどを買ってくるのをルイジと私が外のテラス席で座っていたんだけど、この日は…

b_140519_5.jpg

初、ルイジも入店してみたよ!
おっかなびっくりで固まり気味のルイジ。若者たちがガヤガヤ入店してきて雲行きが怪しくなったので早々に退散、お飲みものはやっぱりテラス席でいただきました。

さらに歩いて、オフリードエリアへ。
ここは車が通る道に面してるからルイジのリードはオフにはしないけれど、小高いところにあって眺めが良いし犬用のアジリティがちょっとあるのが楽しいのだ。

ゴム製のこれ、なんていうのかな…にチャレンジ

b_140519_6.jpg
b_140519_7.jpg
b_140519_8.jpg
b_140519_9.jpg
b_140519_10.jpg

わーーー、完走!!!
すごいよすごいよ!

これ、初めて見たときは前足を載せるのも怖かったんだよね。
毎回ちょっとずつ前進で今日はついに完走できた。ちょっと感激(^^)

午後にはホームセンターで買い物がてら、ルイジの体重も測ってみた(ペットグッズコーナーもあってそこに体重計があって自由に測れるようになってるのだ)。
最近ますますがっちりしてオトナのオスのカラダ(笑)になってきたので増えてるかなぁと思ったけど…
変わらずの33㎏でした。
やっぱりこれがルイジの適正体重なのかな。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

雑草に注意!

ルイジの皮膚トラブルがほんのり始まった。頭や背中にところどころ凸になってる。
原因はきっと散歩中に触れる植物だろうと思われる。

ひとつはそこらじゅうに生い茂っているシソにそっくりの葉っぱ、brandnetel

b_140514_1.jpg

↑この写真の奥に写っているのがそう。
サラダバーの草に紛れてたりするから要注意。
犬だけじゃなく人の皮膚にももちろん嫌な刺激がチクリ、ちょっと触っただけでも痛くて痒いのが長く続くのである。
そこにルイジは好き好んでお鼻を突っ込んでフンフンニオイを嗅いだりその上にマーキングしたりする。デリケートなお鼻や粘膜部分、もっと気を付けようよー(T‗T)っていっても犬は分からないから飼い主が止めないと。

この草がバーッと生い茂ってるのを見て「その上を裸で転がされる刑」を勝手に想像して身もだえしてみたり(^^;)

そしてもう一つ、berenklauwという巨大な雑草。
この巨大な雑草、触っただけだとチクッとしてルイジみたいにポコッとなるだけだけれど葉や茎の汁が触れたところが太陽にあたると火傷みたいにただれてしまう恐ろしい毒を持っている。
なので草刈り後の原っぱなどは要注意。
さらにお花が咲いたらその花もまた毒。

春先から秋にかけて、ほーんとに長いこと栄えるこの雑草たち、オランダやその周辺国にはどこでも生えてるんじゃないかと思うので気を付けましょうね。
あ、ちなみにbrandnetelのチクチクにはオオバコの葉の汁が効きますよー。


おまけ、先週の東京犬パルクール部のお題は「タッチ」、で、この界隈で一番イケてるところ、スケボーなどをする場所でトライしてみたよ。
簡単なことに思えるけれど…

b_140514_2.jpg

緊張からの「落ち着け、自分」あくびが出ちゃった(^^)

b_140514_3.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

カリフォルニアポピー

b_140507_1.jpg

この石で囲ったとこ、お花畑になる予定(*^^*)

…って

b_140507_2.jpg

ちょっとちょっと、やめてよー(><)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

フレキシリードのこととか

今週の東京犬パルクール部のお題は「平均台のようなものの上をバランスを保って歩く」。
で、ルイジは塀の上を歩いたよ。

b_140501_3.jpg

結構高いよー。

b_140506_1.jpg

でも幅があるので余裕でスタスタ(^^)塀の向こう側は高低差が少なくなっているけれど、飛び降りることなく途中でUターンしてゴールしたよ(^^)ⅾ

お日様が出ると暑い。緑がすごい勢いで成長してます。

b_140105_1.jpg

お散歩から帰ってしばし放心状態後の行き倒れ。

b_140506_3.jpg


さて、上の写真のように私がルイジと散歩するときの犬具はハーネス&3mラバーリード。
マルちゃんは1.8mリードも併用してます。3mだと手元で手繰り寄せたりするのが煩わしかったりするんだって。で、それを怠ってルイジの足や体にリードが絡まってさらにイライラ(^^;)
そしてちょっと前から新たなアイテムとして8mのフレキシリードが加わりました。
これを買うときはだいむ揉めまして…。

そもそも私はフレキシリードに対して偏見があるし自分では使わないし買わないと思っていた。
でも3月にルイジを義両親に預けるにあたって、フレキシリードならルイジのストレスも少なくなるのではないかとマルちゃんが。
うーん…それも一理はあるかもしれない。
今までマイナス面ばかり見ていたけれど、フレキシリードなら義父も力任せにグイグイと引っ張り返すこともできないだろう。
でも…やっぱり安全面を考えると義父のためにもルイジのためにも不安要素が多すぎて私は最後まで反対したものの、結局マルちゃんが強行突破して購入したフレキシリード。

でも義父はフレキシリードじゃルイジを制御できないということで、首輪とハーネスそれぞれにつけた2本のリードで散歩してたらしい(^^;)

ともかくそのフレキシリードはときどきマルちゃんが使ってます。
その様子を見ていると、利点は確かにいっぱいある。


b_140423_1.jpg

犬の動きを妨げずストレスがかかりにくい。
手元でリードを手繰り寄せたり送りだしたりする必要がない。

b_140423_2.jpg

ルイジ、おいでー。

b_140423_3.jpg

(^^)


でもフレキシリードを使うにはルイジがリラックスしていてコマンドを聞ける状態であること、周囲が静かな環境であることなどなどの条件が必要。

そしてそんな条件を満たしていてもやっぱり私は使わないな、フレキシリード。
咄嗟のときの対応ができないから。
両手を使って突進を止めることもササッとリードを手繰り寄せて前に立つこともグッパーでこちらの意志を伝えることもできないから。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。