Luigi de bracco

2013年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年11月
ARCHIVE ≫ 2013年11月
      

≪ 前月 |  2013年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

HUNTERから…

先日オフリードエリアを散歩していたとき、ルイジがまたエリアの外へ逃走してしまったことがあった。
しばらく後に戻ってきたルイジのハーネスの持ち手のあたりには葉っぱがいっぱいついていて、そして片方の反射ラベルが無くなっていた。

HUNTERのロゴ入り反射ラベル、あのかっこよくて暗がりでのお散歩でも安心なやつを無くしちゃうなんて惜しい、残念…

ラベルだけ別売りしてないものかとネットを見てみるもそのような情報は無く。でも一応聞いてみようとHUNTERのFacebookページに問い合わせてみた。

そしたらすぐに返事が来たよ。そして何度かのメールのやりとりの後…

お隣ドイツから届いた封筒。

b_2911_1.jpg

中には…

b_2911_2.jpg

ワーイ!反射ラベルだよ!

luigi2911.jpg

シャキーン♪

これでまた安全にかっこよくお散歩できるね。
今回のこれ、無料で送ってくださいました。HUNTERさんの素晴らしいサービスに感謝(*^^*)、そして…ダメもとでも問い合わせてみるものネ♪


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える
スポンサーサイト

スポンジ事件

この界隈で一番クールな(笑)スポット。

b_2811_2.jpg

平日の学校が終わった時間頃や週末になるとスケボーやローラーブレード、BMXなどを乗り回すイケてる(?)男の子たちでにぎわっているよ。
ここが出来たおかげで公道でスケボーに乗る子が減った。良いことである。

誰もいなかったのでカコイー写真撮ってみたよ。

b_2811_3.jpg

さて、ここからちょっと歩いたところにはこんなのがある。

b_2811_1.jpg

スポンジボブの友達、パトリックが落書きされた何か(電車関係の何かだと思うが)。
そしてこれを見るたびに思い出す、あれは去年の初夏頃ルイジは思春期の入口の6ケ月頃のことだったか…。

以下、お食事中の方はご注意くださいね(^^;)


キッチンで片付けをしていた私、流しの下の扉を開けた瞬間にスポンジが転げ落ちたらしく、それをすかさずルイジがバクッと咥えてしまった。
マルちゃんと私で取り出そうとした。
だいたいのものは「ロス(離せ)」と言いながら口を開けて取り出せる、お散歩中に咥えたパンですら取り出せるのだ。
だからこのときものんびりと構えていたら…
「ほらルイジ、ロス」なんて言ってるうちにルイジ、モグモグモグ、ごっくん!

えええええーーー!!!
そんなことって!!!

スポンジの大きさは13×8㎝くらいでさほど大きなものでもないけどこれは大変なことになるかもしれない…。
マルちゃん、まずは犬飼い歴30年以上の父親に電話。しかし、義父は病気や怪我、事故などに関してかなりネガティブな捉え方をする人。このときもこの世の終わりのようなことを言われた。
「出てきたら奇跡だ。とにかく救急に電話したほうがいい」と。。。orz

救急に電話すると「来院した場合はモルヒネを注射して吐かせることになる、でも必ず吐ける保証はない」と。しかしスポンジの大きさと状態を聞かれ、新品のパリッとしたのでないのならば下から出てくる可能性が高いと。
幸いルイジが誤飲したのはだいぶ使ってこなれたやつだった。

うーん、どうしたものか。
続いてルイジのブリーダーさんにも電話、すると…
「お腹が膨らんだり背中を丸めたりしていない限りは慌てることないわよ。モルヒネで吐かせる必要なんて無い。オリーヴオイルとオントバイトクックを与えて様子を見て。しばらくしたら出てくるわよ。うちのサンテも毛布を食べたけどそれで出てきたから」と。

ブリーダーさんいはく、オリーヴオイルはウン様をツルッと排泄させる効果が。そしてオントバイトクックというのは朝食に食べられることが多い、シナモンっぽい香りのもっちりねとっとした食感のケーキ(こんな見た目→ontbijtkoek
便の粘着性をアップさせるので消化されなかったものをくっつけて排泄する効果があると。

夜遅かったのにアドバイスをくれたブリーダーさんに感謝しつつ、病院には行かないことを選択。
しかしうちはオントバイトクックを常備していない。マルちゃんの両親宅に行けばあるだろうけれどちょっと遠い。
なので近くのマルちゃん同僚でショコちゃん(ルイジの犬友、チョコラブ)の飼い主さん宅に電話してみるとあるという。さっそくマルちゃんが自転車でうかがったよ。

ゆずっていただいたオントバイトクック一切れとオリーヴオイルをルイジに食べさせてとりあえずその夜は就寝…。
ちなみにルイジはオントバイトクック、かなり好きみたいで嬉しそうにおいしそうに食べてたよ(^^)

次の日もオントバイトクックとオリーヴオイルを与え、しかし出てくる様子はない。
ルイジの尻尾を持ちあげて、「スポンジボブや、出ておいでー(黄色いスポンジだった、ここで冒頭のパトリックとつながるわけです)」と呼びかけること3日…。

お散歩中にルイジがウン様の体勢に入ったので熱い目で見ていると…
何やらそれらしいものが!よく見るとずいぶんこなれてはいたけど間違いない!ウワーン、良かったよー(;▽;)

ブリーダーさんと義父に電話報告。
事無きを得てホッとしたスポンジ事件の顛末であった。

おまけ…

ルイジのピンクで縦長の…(^^)d

mon.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

先週を振り返って…

b_2111_1.jpg

にゃぁー。
寝起きのルイジは猫っぽい(^^)

先週のできごとを振り返って…

月曜に通っていた犬スクールの続・若犬&成犬コース3回目が修了。ルイジと私たちにとって5つめの修了証書をもらったよ。
コースをさらに続ける?とトレーナーに聞かれてマルちゃん、「Ja!(=イエス、はい)」と即答。「ルイジが10歳になっても続けます」と冗談交じりに。
それでもせっかく通うのなら新しいチャレンジをしたいとスクール終了後にトレーナーのヴィムとお喋り。ヴィムはアジリティのトレーナーなのでもちろんアジリティをすすめてくる。
ルイジがアジリティ…どうかなぁ。。。(^^;)
とりあえずスクールは1月までお休み。
アジリティよりもルイジには猟犬コースが絶対良いと思うけど、空きがない。


そしてあれは水曜だったかな。
昼間はずっとソワソワムードだったルイジ。ヒィヒィ鳴いて歩き回って神経質なアクビを繰り返す。
お散歩も酷かった。。。
ニオイを嗅ぎながら歩調がどんどん速くなって前後左右に突進。2mとまともに歩けない。
完全にアウトオブコントロールなその様子、傍から見たらこれ、俗に言う「犬に散歩させられてる」「犬がボスになってる」とかいうやつなんだろうなぁ…と一人勝手に凹む。。。
なんかその日はそれでだいぶ引きずってしまった。
ルイジと散歩していると、私が小さくてルイジが大きいから「Wie is de baas?(どっちがボス?)」と言ってくる人が結構いる。
本当に、そういうのいちいち気にしてたら仕方ないし普段はスルーできるし人の言うことなんて関係ない、そもそもその日は誰かに何かを言われたというわけでもなかったのだけど。。。

ルイジがどうしてそんな状態になるのかは分かっている。
ニオイ嗅ぎで興奮して我を失ってるだけだ。そこに他の犬や猫などの刺激が加わって、でもリードがついててフラストレーションを消化できないから。
オフリード状態だとルイジはあっちこっち行ったり来たりしながらニオイを追いかける。姿が見えなくなることもあるけれどしばらくすると戻ってきて私を確認するとまたニオイを嗅ぎ始める。
そもそもブラッコってこんなふうにノーリードで駆け回りながらニオイを追いかけて猟の手伝いをする犬なのだ。
義両親宅のダリちゃん(ブリアード)はノーリードでも5m以上は離れない。どんなに興奮しても5mの範囲を激しく行ったり来たりするだけだ。
それに比べてルイジは行動範囲が広いんだよね。3mや5mのリードぐらいじゃ全然追い付かない。
でも…私たちは猟をしないしオンリードで歩いているときはやはり好き勝手にしてもらっては困る。オンリードのときは衝動を抑制してアテンションをこちらに向けて欲しい。
そのために、できることをやってるか?と言われると…全然だ。。。工夫できるとこ、気を付けるべきとこはいっぱい。まだまだ改善の余地はいっぱいなんだよね…。

なんて書いてる途中で心を育てる犬育て2(飼い主は心の港)からのツイート…

悪く見える時、それは脳が成長しているんじゃないのかな?葛藤を繰り返して脳のシナプスは頑丈になるっていうし。 と。ポジティブに捉えましょう。


原文はここから…たまに出る、ぼやき。

今、まさに必要な言葉でした。
これ読みながらラーメン食べて元気出そう。

気分転換に観葉植物のお世話。

b_2511_4.jpg

ちっちゃーい鉢が窮屈そうだったので大きい鉢に植え替えたよ。

b_2511_5.jpg

ずっと欲しくて探していたこの子はなんという名前だったか。近くのガーデニングセンターで見つけてゲット♪
幹と葉っぱの形がとってもラブリー(^^)
元気に育ちますように。
外にはチューリップの球根も植えたよ。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

街とボルフとガブちゃん

土曜の昨日は昼過ぎから車でおでかけ。
一つめの目的地は…

b_1711_5.jpg

私たちが住んでるところより大きな街。
マルちゃんと私は3年前までここに住んでたんだよー。

b_1711_2.jpg

でもルイジにとってはここを歩くのは初。
もう地に足がつかない感じでフワフワキョロキョロソワソワしながら歩いてた(^^;)

b_1711_3.jpg

お店が閉まる17時の30分くらい前に来て正解。人もだいぶ少なくなってたから。

b_1711_4.jpg

マルちゃんが家電のお店をチェックしているのを待っているところ。
ルイジ、落ち着いているように見えるけどヒィーヒィー声が漏れてたよ(^^;)

b_1711_1.jpg

街をちょっとお散歩してから次の目的地、友達のポーランド人夫婦のW子とS君、そしてボルフのお宅へ。10ケ月になるベイビーのガブちゃんもいるんだよ。

通りを歩いてるときは気分も上々だったルイジ、しかしお宅に到着してS君が開けたドアの向こうにハイハイするガブちゃんが見えた途端、固まってしまった(^^;)
ま、ビックリする気持ちも分かるよ。
時間がちょっとかかったけどなんとか玄関に入ったところでボルフの熱烈歓迎を受けてまた固まっちゃったルイジ。

ちなみにルイジがボルフと会うのはこれが3度目、彼らのお宅におじゃまするのは2度目。でもガブちゃんと対面するのは初だし赤ちゃんそのものもこんなふうに近くでじっくり対面するのが初。
(前回訪問したときの記事はこちら…強風とボルフとトワイライト

というわけで…ボルフには申し訳ないけどちょっと席をはずしてもらって、まずはガブちゃんと慣れさせてもらう。
ガブちゃんが単独で近づいてきたり触ってくると小さく唸るルイジ、しかしS君が抱っこしてるとそーっとニオイを嗅ぎにいったよ。
しばらくしてルイジも状況を受け入れてきたところで今度はお庭でルイジとボルフのセッション。
忙しく飛び跳ねながらルイジのニオイを嗅いだり様子をうかがうボルフ。ルイジは初めは固まってたけどマルちゃんのサポートもあってだいじょうぶと理解した様子。

で、こんな感じに。

b_1711_6.jpg

ときどきボルフがクンクン鳴きながらルイジに近づいてきてルイジ、顔を背けて小さく唸る。
ボルフが何かにつけてワァーイってなるとそのアクティブさに耐えられずルイジがワンワン吠え始めボルフも応戦してワンワン!
そんなことが何度かあったけれどでも2頭ともお互いのボディランゲージを読みあってとても礼儀正しく振る舞っていたと思う。
階下で2頭がワンコラしてたのにぐっすり寝ていたガブちゃんもあっぱれ。

せっかくなのでボルフもトイレットペーパー祭りに参加してもらったよ。
ルイジより足長で体高もちょっと高いボルフだから9ロールいくかな?と思ったけど…

b_1711_7.jpg

8ロール半でした。ルイジと同じだったよ。
「なんでトイレットペーパーと比べるの…?」と不思議がってたW子も「今度から誰かにボルフの大きさを聞かれたらトイレットペーパー8.5ロール分って言うわ」だって(^^)

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

もりだくさんぽ

昨日のお散歩、二つめのオフリードエリアで…

b_1411_2.jpg

ここを歩いてるとおじいさんに連れられたライカという名前のメスのアメリカン・スタフォード・テリアとよく会う。
ライカはとにかくエネルギッシュ。伏せからの突撃爆走にルイジはもうたじたじになってしまう。
昨日もライカが走ってくるたびに反対方向へ走って逃げてなかなか距離が縮まらない。その姿にライカの飼い主のおじいさん、「この状況をまったく信頼してないんだな」と。
うーん、そうでもないんだよ。ルイジは怖がりだけれど怖くて逃げて終わりじゃない。
怖い、でも好奇心は旺盛なのだ。
時間は多少かかったけどこの日もそーっと後ろから近づいていってライカのニオイを嗅ぎにいってそこからしばし追いかけっこ遊びをしていたよ(^^)

その前に別のオフリードエリアで出会ったバルーという名のメスの黒ラブちゃん。この子もとにかくエネルギッシュで激しい子。
熱烈にアプローチされてルイジ、ドン引き(^^;) 耳を開いてド緊張の面持ちで「近寄らないで」オーラを発していた。
散歩させていたドッグシッターさんは「ルイジは他の犬に対していつもこんなに怖がるの?」と。
そうでもないんだよ。フィーリングが合う同じ年頃の猟犬たちとは数秒で追いかけっこ遊びが始まるもの。
相手のボディランゲージが熱烈過ぎたり威圧的だったりするとルイジ、引いちゃうんだよね。

そんな感じで2頭の激しいお姉さんたちとの出会いの後、池のほとりで小休憩。

b_1411_4.jpg

すがすがしいお天気(^^)
ここの先のところにお座りしたルイジを写真に撮れたらなぁと思うのだけど…

b_1411_3.jpg

おそるおそる…

b_1411_5.jpg

超へっぴり腰でおやつ(私が置いた)を食べてこの日は精いっぱい(^^;)
いいよいいよ。ちょっと前までここに乗ることすらできなかったもんね。
またチャレンジしてみよう。

さらに歩いていると「チューイ!チューイ!」と呼びながら自転車をこぐ女性と出会う。
聞けば猫が行方不明らしい。「黒い長毛の猫、見かけなかった?」と。気の毒になぁ、と思いつつ先を歩いていると黒いフサフサの尻尾が木の影に見えた。
ルイジも反応したのでそれ以上は近づかないようにしてさっきの女性を探す。女性、ご主人と思われる男性とまだ猫探しをしていた。
「あっちでそれらしい猫の尻尾を見ましたよ」と場所を告げて、女性と私とルイジで確認しに行った。
でも猫の姿はそこにはもうなく…。「他を探すわ」と自転車を漕ぎながら「チューイ!チューイ!」と呼びつつ去っていく女性。
ほんとにもういないのかなぁと私が木の影を覗くとルイジも頭を突っ込んだ、そこは…バラが植えられていた!
トゲトゲのツルがリードに絡んでワーとなるルイジ、それを払おうとして私の両手は血だらけになってしまった。。。(T▽T)
そこへジャックラッセルのパピーが突っ込んできてルイジも応戦。思わず離してしまったリードは足で咄嗟に踏んでルイジ確保。

ジャックラッセルの飼い主さん、ルイジのことを「怖がりな犬なの?」と…。怖がり怖がりってもう、違うの!ルイジは慎重な子なの!でもそんなことより私の血だらけの手…。

完全にトーンダウンで家路に。この日も結局2時間の散歩になっちゃった。疲れたな。。。

ルイジもさすがに疲れてた。もりだくさんだったねぇ。

しばらくヨダレの先に葉っぱをぶら下げてボーッとしてたよ(^^;)

b_1411_6.jpg

アクセサリー風、オシャレ。

ともあれルイジはバラのトゲの被害にはまったく合わなかったし私の傷も浅かったので良かった良かった。
そしてチューイという名の猫ちゃん、早く見つかりますように。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

ロング散歩とシント・マールテン

普段のお昼すぎ散歩は1時間~1時間20分くらい。週末などでマルちゃんも一緒のときは2時間くらい歩くこともあるけれど。
できるものなら、私ひとりでも日々2時間くらい歩きたいとは思っているのだけど、しかしルイジ的にも私的にも1時間20分くらいが今のところは限度か、と…。道中のいろいろあるからね(^^;)

そんなとき、FBで犬友のロンダさんがクロちゃんと「3時間お散歩した」と。
ロンダさんいはく、3時間も歩くと「刺激に鈍感になってる我が子に気づく」んですって。うーん、思い当たるふしがある。
あれはフランスでのキャンプ中、ウォーキングコースを歩いて結局3時間を超えるお散歩になった。最後のほうはルイジ、びっくりするくらいリラックスしてマルちゃんの隣をスタスタ歩いていたんだよね(^^)

ということで昨日のお散歩はロングバージョンで行こうと決めてレッツゴー。

森の小道を抜けて一つ目のオフリードエリア、さらに近くの新しいオフリードエリアも探検してみてもう一つのオフリードエリアも抜けて川沿いに歩いて歩いて…
1時間40分くらいのところで疲れが出てイライラしてきたルイジ、大きな枝を見つけてくわえてひと暴れ(^^;)
そこからさらに小学校の下校時間と重なっちゃって自転車やキックボードの子どもたち、さらには猫、猫、猫…。。。

ここを乗り越えてさらに歩けば悟りの境地に達することができるのか…。
でももうやっぱ限界(^^;) お散歩ルートも歩ききってしまった感じだったので家路に向かうことに。

結果時間的には2時間のお散歩でした。それでも自己記録達成!やったー。
しかし基本早歩きだから距離的には2時間の距離じゃないと思う(^^;) ルイジも疲れたようで帰ったらバタンキューでした。

これ以上時間をのばそうと思うと新しいルートを開拓しなきゃだな。。。
途中でボールとかフリスビーで遊べたらもっといいよね(ルイジ、散歩中は集中できなくてレトリーブが全然できない)。

あと、2時間歩いてる間に同じおじさんに4回会った。ストーキングしてると思われてませんように…。

そんなこんなで夜。
11月11日の夜、それはオランダの犬飼いにとってはシント・マールテンという名の玄関チャイムトレーニングの日(^^;)
シント・マールテンってなに?こちらの去年の記事をご参照ください。

今年もお菓子を用意したよ。

b_1111_1.jpg


今年はでも意外と少なく訪れてきたのは3グループだけでした。
1回目、玄関チャイムと共に飛び起きてワンワンワン!そして子どもたちの歌に合いの手を打つようにワンワン!
2回目、チャイムで吠えたけど後はインターセプト成功。
3回目、チャイムが鳴ってもクッションから動かず吠えず(^^)

ロング散歩で疲れてたのも効いたかな?

さらに夜は犬スクールもあったよ。
今週は例のタライの上に座れなかったルイジ。先週はあっさり座ったのにね。先週できたこと、昨日できたことがまた普通にできるとは限らないのである。。。

おまけ、湯上りふうルイジ。

b_1111_2.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

土曜のこと

先週末の土曜は昼過ぎから車でオランダ北部へ…。

まずはシカちゃんのところで遅いお昼ご飯とお散歩。

シカちゃんのところにはいろんな動物がいるよ。

b_1011_2.jpg

ゴージャスな鳥さんとか。

b_1011_33.jpg

森の中を歩いて行くと…


b_1011_44.jpg

ここにも先日の嵐の爪痕が。

行く手を阻む倒木。

b_1110_1.jpg

飛び越えるにはちょっと大きいね、ということで…



くぐったよ(^^)

b_1011_5.jpg

こんな立派な大木も倒れてしまって。

素敵なお散歩コースだった森はだいぶ大きな被害でスカスカになっちゃってました。

お散歩後はマルちゃん両親宅へ。
しばしお茶してからルイジを義母に預けて義父とともに少し離れたところにある教会へ。
ここで開催中の絵画展に義父も出品しているのだ。
義父の絵はアクリル絵の具の風景画でとっても素敵なんだよ。

小一時間ほどの後、義母&ダリちゃんとお留守番してくれていたルイジのもとへ。ルイジ、いい子にしてたって(^^)
そのルイジを連れて今度はおばあちゃん訪問。

おばあちゃん、ルイジの姿を見て大喜びだったよ(^^)
前回訪問したときはエレベータになかなか乗れなかったルイジ(その前は大丈夫だったのに)。今回はどうかな?と思ったらあっさりと自ら乗り込んだ。えらいえらい。
そして毎度のことながらおばあちゃんのところではルイジはすぐに伏せてリラックス体勢に入る。
室内が暖かいしみんな座ってじっとしてるからだろうなぁ。
義両親宅でルイジがなかなか落ち着けないのはみんながわぁわぁお喋りしてひっきりなしに歩き回ってるからだよね(^^;)

おばあちゃんのところでしばし過ごしたらまた義両親宅へ。
夕飯をいただいてしばし寛ぐ。
マルちゃんと私がソファに座ると片方からダリちゃん、もう片方からルイジがギュウギュウと体を寄せてくる。
2頭の犬、お互いを意識してルイジはヒィーヒィーと声がかすかに漏れているしダリちゃんもパンティングしたりアクビをしたり。それでも離れようとせずリラックスしてるふり…(^^;)

と、近づくとさすがに多少の緊張感はあるもののダリちゃんとルイジの関係は本当に良くなった。ダリちゃんもルイジを認めて受け入れているしルイジもダリちゃんのことを以前ほど怖がっていない。
2頭並んで座っておやつも食べられるよ。

そんなこんなで帰宅したのは夜10時頃。
もうルイジ疲労困憊状態である。午前中は午前中でペンキ塗りしてたマルちゃんをチェックしなきゃいけなくて全然寝れなかったもんね(^^;)
おつかれさま(^^) がんばったね。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

ふと気づく…

もう11月もなかばにさしかかり、あっという間に12月になるでしょう。
12月はイベントいろいろでこれもあっという間に終わっちゃって、そうすると年が明けて1月。

1月…

ルイジが2歳になるよ!

このパピーちゃんが。

b_1108_1.jpg

この

b_1108_2.jpg

パピーちゃんが

b_1108_3.jpg

2歳になるって!




b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

チャレンジの意味

先日の犬スクールで。

到着して芝のニオイをいつも以上に熱心に嗅ぎまわるルイジ、そして顔を上げて遠い目をして歯をカタカタと鳴らす。口の端からはヨダレ…

マルちゃんと私、顔を見合わせて「ハイ、ヒートの犬がいまーす」
ルイジの集中力がいつも以上に低下することは必至(^^;) 幸いヒート中の犬は私たちのグループ内にはおらず残り香だけだったのでそこまでひどくはなかったけれど。

レッスンではタライを使っていろいろしたよ。
タライとはこんなの…(今年の夏の写真)

b_0806_5.jpg

ひっくり返したタライにこの写真のように前足だけを載せたりまたタライの上でお座りしたり。
意外にもルイジ、結構あっさりタライの上でお座りできた(^^)

その次はタライの周りを歩いて1週。さっきまでタライに前足を載せては褒められ上に座っては褒められ、だったのに今度はそのタライをスルーしなきゃならないわけです(^^;)

最後は輪の状態に置かれた犬の数(6頭くらい)のタライを時計周りに回りながら最初のタライはスルー、次のタライでは隣で伏せ、次は前足だけ載せる…最後は上でお座り。
どの犬もがんばっててとってもかわいかったよ(^^) ルイジもあっちこっちに気を取られて最後のお座りはできなかったものの上出来上出来。

次回はタライの上でお座り→ステイをするって。ドキドキだねぇ、ルイジ。


このタライチャレンジをルイジがさほど躊躇することなくこなせたのは、普段からのミニチャレンジのおかげかなぁと思う。
例えば家の中でポンポンと叩いたものに前足を載せる、そんなゲームをしたり…

椅子とか

b_1107_1.jpg

後ろ足、かわいい(^^)

踏み台とか

b_1107_2.jpg

後ろ足、やっぱかわいい(^^)

ゴミ箱はちょっと難しかったんだよ。

b_1107_3.jpg

でもクリア(^^)

散歩中、不慣れなものにもポンポンで前足を載せたりベンチに乗ってみたり。

この池に張り出した釣り場(?)にはずっと怖くて立ち入れなかったけど…

b_1106_1.jpg

先日ついにイン!

b_1106_2.jpg

マルちゃんと私が当たり前のようにここに歩いて行ったら少し遅れてルイジもついてきたんだよ(^^)

b_1106_4.jpg

ルイジ、すごいねー(^^)

b_1106_3.jpg

おやつをもらってしばし眺めを楽しんでました。


さて、私たちが通っている犬スクールの目指すところは芸やトリックに長けた犬ではなく、「どこにでも一緒に出かけらる、そして日々を生き生きと過ごせる飼い主と犬」である。
私たちもルイジに決してマディーのような芸達者な犬になってほしいわけではない。
ではこんなふうなチャレンジをなぜするのか…。

その答えはこのドッグ・アクチュアリーの記事に…

メンタル・キャパシティ

不安定感や恐怖感を克服する癖をつけること、そしてそれによって犬も自信がついていく。


この記事、以前読んではいたのだけど久々に読んで「あ、そうだったのだなぁ」と確認できた点もあり。
やっぱり日々なんだかんだでなんとなくになっていっちゃうことってあるのですよね(^^;)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

ルイジフ

犬友のペコ母さんがブログにアップされてたペコ君のトコトコGIF画像がとってもかわいかったのでルイジのも作ってみたよ(^^)

luigif1.gif

スタスタシャキーン♪
あっちからこっちまであっという間に辿り着いちゃうからコマ数も少なくスタスタ度が低いけど…。
ともかく3テイク目のこれで上出来(^^;) 付き合ってくれてありがとうルイジ(^^)


おまけ、道具を使うルイジ。

b_1105_1.jpg

枝をこの上に置いて片足で抑えるとかじりやすいらしい。

もひとつおまけ
失敗だと思った2テイク目もGIFアニメにしてみた。こっちもかわいい(^^)

1383651060I8GKELsZYbafrX01383651056.gif



b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

どうするルイジ?

先日の嵐の名残がまだそこかしこに、森を歩くと木が何本も倒れたまま。

b_11-4_2.jpg

まだ若い白樺、もったいないなぁ…。

b_1104_3.jpg

義両親宅では庭の木が3本倒れたそう。
本当に大変な嵐だったんだなぁ。

さらに森を歩くと…

b_1104_1.jpg

行く手を阻む倒木!
さぁ、ルイジはどうする?

1.くぐる
2.飛び越える
3.迂回する
4.リンボーダンスする
5.持ち帰る
6.木の上を歩く
7.破壊して突破する
8.マルちゃんがリンボーダンスする

答えの選択肢がこんなに多くなっちゃったのはFBで珍解答をしてくれたみなさまのおかげです(^^;)

さておきルイジがとった行動は…

正解VTRはこちらです♪




おまけ…

最近イギリスのTVシリーズ、「ドクター・フー」を見ているのだけれど、それに登場するウードというエイリアン。
目をパチクリとする様子、口元のベロベロ感、つるっとした頭…

ルイジと似てる(^^;)



ウードってとってもピュアで尊くてかわいそうな生き物なんだよ。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。