Luigi de bracco

2013年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アシカショーと世界遺産

ルイジの近況アップデートの前にちょっとブレーク…

日本滞在中に広島の宮島水族館を訪れたよ。
アシカショーの輪投げ、「お客様の中でお手伝いを…」とお兄さんが言い終わる前に立ちあがって手を挙げて立候補しちゃった(^^)

ashika.jpg

ちょっとドキドキしながらいざ!
いいとこに投げられてアシカちゃんに上手にキャッチしてもらってとっても嬉しかった(*^^*)
実は何年も前に八景島シーパラダイスでも同じように輪投げをさせてもらって、しかしそのときは輪っかがアシカちゃんに届かず無念の失態…ジーッとこちらを見て輪っかを待ち構えていたアシカちゃんに申し訳ないことしたのだった。。。

アシカショーに登場したアシカたちは入れ替わり立ち代わり。途中、3歳の若いアシカが”飽きちゃったから”と退場したり。
ショーを見ながらマルちゃんが、「犬の”おやつを使ったポジティブトレーニングはこういうところから来てるんだよ、アシカやイルカには罰が有効じゃないから」と。

アシカショーやイルカショー、動物たちのやらされる感がかわいそうと思う人もいるかもしれない。でも本当に嫌だったらやらないと思う。
おやつを突き付けられたって嫌なことはやらないだろう。

知的な刺激を欲してそれを楽しむことができる動物たち、トレーナーとの共同作業は退屈でも嫌なものでも決してないと思う。
そして先ほどの飽きちゃった若いアシカちゃんのように、それが嫌なものになる前に切り上げてしまうのも大切なこと。
そして動物たちのやる気を引き出すのにトレーナーのモチベーションもまたとても大切。

輪投げをするときにキラキラした目でこちらをジーッと集中して見ているアシカちゃん。
きっとこんなふうにいつものトレーナーのお兄さんやお姉さんじゃない、投げるのが下手なお客さんから輪を投げてもらうのもいい刺激なんじゃないかなぁと思う。
島根のアクアスでもシロイルカのショーをお手伝いさせてもらったことがあった。
水槽の前に立ってシロイルカちゃんの前で手をぐるぐる回す、始めは私のサインが分かりにくかったみたいで「?」だったシロイルカちゃん、でももっと身振りを大きくしたら「あ、あれね!」と本当にピンと来たような表情をしてグルグル回ってくれた。かわいかったなぁーー!!!

「一緒に何かしたい」と動物たちにおのずと思ってもらうには、やっぱり罰や恐怖による支配じゃなくてポジティブトレーニングだと思う。


トレーニングといえば、日本に帰省する2日前にルイジの「続・若犬コース」が修了しました。
最後の会はいつものようにアジリティ。トンネルくぐったり輪っかやバーをジャンプしたり、ルイジがんばったよ(^^)
ルイジと私たちがもらった修了証、これで3つめ!
この「続・若犬コース」は「成犬コース」も兼ねていて希望すればまた受講することができるので我々はこのまま続けますよー。
次のが最後になるか…どうかなぁ。。。


おまけ、マルちゃんの携帯カメラの写真。

coroseum.jpg

これの約1週間後に…

torii.jpg

これ。。。

すごいね(^^;)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

スポンサーサイト

そして再会

さて、日本からオランダに戻った翌朝。食品棚も冷蔵庫も空っぽだったので支度をしたら義両親宅へ向かう途中で朝マックすることに。
夕飯を食べに行くと家族連れか若い子たちでにぎわってるのに朝行くと全然客層が違ってびっくり。ずばり、おじいちゃんのおひとり様ばっかりでした。
コーヒーを飲みながら新聞を読んだり、なんとも静かーな時間が流れてたなぁ。
さておきささっと朝食をとってまた車を走らせる。

義両親宅に到着してドア(玄関ではなく前回のブログに載せた写真の大きなガラスのお庭に面する扉)に向かうと…ルイジが私たちに気づいて2、3回吠えるのが見えた!うわーんルイジー!!!
中に入るともう大喜びであいさつしてくれたよ(^^)

b_0429_2.jpg

ガシッと重いルイジのハグ。

b_0429_1.jpg

いい子いい子!よくがんばったね!


さて、10日間のお預かり中のルイジがどんなだったか。義父によると…

・散歩中はとにかく引っ張って肩が痛い。カヤコはどうやって散歩してるんだ、と疑問に思ったそう(でも「力じゃなくてコツなんですよ」と言っても「どうやるの?」とは聞かないのが義父なんだよなぁ。。。)。
・1度オフリードにしたらあっという間に遠くへ走り去り水に飛び込んだ(ダリちゃんはオフリードでも10m以上は離れず常に義父の様子をうかがっているから、このルイジの行動には義父、焦っただろうな。オフリードにはしないでねってお願いしてたんだけどね)。
・ご飯は相変わらずちゃんと食べなかった。
・ダリちゃんとは問題なく、ときには50㎝の距離でお互い寝ていることもあった。
・ルイジの性格はとにかく素晴らしい(でしょー?)。

などといった感じ、お散歩以外はだいたい落ち着いてリラックスして過ごしていて、来客があっても挨拶したら自分のクッションで寝ていたらしい。

そして良かったことの一つとして庭での係留に慣れることができたこと。
義両親宅の庭は塀などで囲われておらず道路などの外界に出ることができる、すなわちルイジにとっては安全でないのでフリーにできない。なのでお天気がよく皆が外で過ごすときは杭とロングリードで係留することに。
以前この係留を試みたのは去年の8月。義両親宅でのバーベキューパーティーのときだった。
思春期で荒れ狂っていたルイジ、暴れてロングリードが体中に絡まりめちゃくちゃなことになっていたなぁ…。
でも今回は始めこそリードを噛んだりしていたけれど次第になれてリラックスして過ごしていたそう。これはキャンプ実現に向けて良い進歩!キャンプ中は係留してなきゃいけないものね。

お預かり中、義母がダリちゃんの散歩をしてルイジは義父、という予定だったのだけれど、義母が体調を崩しダリちゃんもルイジも全部義父が面倒みてたんだって。
義父、相当大変だったと思う。
それでもルイジを元気な姿で私たちに返すことができて義父、嬉しそうだった。私たちからのお土産(なんかかわいい透明のゼリーの中にさくらんぼが入ってるきれいに包まれた和菓子)を「冷たくしたほうがおいしいんだね?」といそいそと冷蔵庫にしまう姿は微笑ましかったよ。

義両親宅から帰ろうとマルちゃんと私が支度をしてるとルイジ、なんとなく心配げにソワソワ。「おうちに帰るよ」とハーネスを見せたら嬉しそうにしてたよ(^^)


そしてルイジとともに帰宅して私たちが気づいたこと…

・毛ヅヤは良いのだけれどちょっとグルーミングするとかつて見たことないほどのフケがバーッと出てきた。これはどうしてなんだろう…?ストレスによるものか、10日間、体拭きをしてなかったからか、換毛期だからか…
・もともとスキンシップ大好きだけれどそれ以上の抱っこちゃんになってた。ルイジが膝の上に乗るのを義両親、まったく拒まずに受け入れてたんだろうな(^^;)
・ほんとによく寝る。リラックスして過ごしていた、と義父は言っていたけれど、それでもダリちゃんの存在はルイジの眠りを浅くしていたんだと思う。
・なんかちょっとオトナになったかも?抑制が前よりきいている、そんな気がする。


ともかくルイジが元気でいい子でいてくれて良かった。ほんとに嬉しい。
今後もまた一泊とかでお預かりをお願いすることがあるかもしれないから自信につながって良かった。
義両親にも大感謝です。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

日本に帰省してました

ちょっとお久しぶりになりました。日本に帰省していたもので…。
久々で何から書いたものやら、だけれど記録がてら順を追って書いていこうかな。

4月16日、お昼すぎにヒース野原散歩に出かけその足で動物病院へ。
狂犬病とケンネルコフの予防接種など、それから耳や歯のチェックもしてもらったよ。肉づきといい何もかも素晴らしい、獣医さんに絶賛されちゃった。
でも体重を測ったら33.2㎏。10月の34.9㎏がルイジのマックスだったのか…。
育ちざかりのころは「この勢いだと40㎏超えますよ」と言われたんだけど、ルイジはそんな大きなブラッコにはどうやらならないらしい。
ご飯は相変わらずちゃんと食べないけれど、痩せているわけでもないし筋肉がしっかりついているので今はこれでいいんじゃないかと思う。

さて、動物病院を後にして帰宅。夕飯を済ませた後、車にルイジのケージやクッション、おもちゃなど一通り積んで向かったのは義両親宅。
マルちゃんと私が日本へ向けて出発するのは翌日の朝早くなので、この日の夜からルイジは義両親宅で預かってもらったのです。
10日間のお預かり。考えれば考えるほど心配は尽きなかった。

ルイジは決して簡単な子ではない。でもそこのところを「30年にわたって3頭の犬と暮らしてきた」経験と自信を持つ頑固な義両親はなかなか理解してくれない。
今のルイジの難しいところはお散歩中の引っ張り。これもグッパーやインターセプトで落ち着かせることに重点を置いてどんどん良くなってきている。
しかし義父はお散歩中、ひっきりなしにコマンドを出し引っ張られたら引っ張り返す人…(^^;)

でも心配したってもう仕方ない、義両親とルイジを信頼して任せるしかないのだ。ルイジは実に良い性格のいい子だし、義両親だって犬に対する考え方で違うところはあっても犬を愛する心は同じなんだから。
それでもやっぱり義両親宅を後にして車の中で涙が出ちゃった。

帰宅して荷造りして就寝(ほとんど寝られず)→バタバタと出発。
日本に到着して最初の夜にマルちゃんがルイジの様子を聞こうとオランダへ電話をかけた。
お散歩は大変だけどあとは問題なく過ごしている、ということで一安心。
その後の日本での日程はいろいろテンコ盛り。家族と楽しく過ごしておいしいものもいっぱい食べて3年半ぶりの日本を満喫しちゃった(日本滞在中のことは*hanaha*ブログに書こうと思ってます)。

あっという間に楽しい日々も終わりオランダへ帰る日に。
25日の朝、品川から成田エクスプレスに乗って復路スタート。成田からロンドンを経由して25日の夜10時頃帰宅。
同じ日に到着するから妙なんだけど、約24時間の旅である。疲れた。。。
でも今回利用したブリティッシュエアウェイズのベジタリアンミールはおいしかったよ!
アジアンベジタリアンミールはインディアンレストランで出てくるみたいな本格的なカレーでした。
いろいろ観た映画も良かったなぁ。特に『ライフ・オブ・パイ』、『アルゴ』、『人生の特等席』が素晴らしかった。

帰宅したその夜にルイジを迎えに行くかどうしようかとマルちゃんと相談。
しかしとにかく疲れてたし夜も遅いし積もる話も見せたい写真もいっぱいなので翌日にすることに。

ルイジとの再会は…つづく。。。

おまけ、義両親宅でマルちゃんが撮ってくれた写真。
なんかこんな素敵なルイジとの写真初めてかもー!

b_mado.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

春めいてきたヒース野原

暖かくなってきてヒース野原、お散歩やピクニックの人たちでにぎわっていたよ。
1時間半ほどのお散歩中にいろんな犬にも出会いました。
中でも圧巻だったのが…

b_0413_4.jpg

アイリッシュウルフハウンドだよー!初めてお目にかかりました。
サーシェという名の女の子。立派な体格に悠々とした動き、もう見とれちゃってなんて素晴らしい生き物なんだろうって感動。

ルイジは完全に圧倒されてたよ。そしてサポートを得ようとマルちゃんの足にぴったりくっついてかわいかったなー(^^)

写真を撮らせてもらっている間、そーっと近づいて…

b_0413_3.jpg

こっそりニオイを嗅ぐルイジ(^^:)

b_0413_2.jpg

ルイジがちっちゃく見えるね。
でもオスのアイリッシュウルフハウンドはもーっと大きいんだって。
物静かながらも遊ぶのは大好きなサーシェ。ルイジもおっかなびっくりながらだんだん慣れて追いかけっこしたりしてたよ。

干し草の上に登ってルイジもおいでと呼んでみる。

b_0413_5.jpg

ルイジ来たー!(写真下手でごめん)

b_0413_6.jpg

眺めはいかがですかー?

b_0413_8.jpg

今日も全力散歩お疲れ様。
ほーんとにいっぱい走っていっぱい遊んだね(^^)

b_0413_7.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

お手入れと毛力



この栗色に輝くボディ。お手入れしてると馬みたいだなぁとときに思う。。。
ルイジのお手入れは日に1回蒸しタオルで拭く、以上。洗ったことないです。その前に汚れにくいし。
泥水たまりに浸かっても出てくるときには濡れてるけどほとんど汚れてない。犬スクール主催のお散歩会でも長毛犬の飼い主さんがびっくり不思議がってた(^^;)
そしてその少々の汚れも乾いたらどっかにいっちゃうんだよねぇ。
汚れにくいし臭くもないよ。眠りにおちるとなんともかわいいニオイがします。

なので毎日の体拭き拭きタイムは汚れを落とすよりスキンシップ目的で。
ごろーんと転がってお腹や内腿を拭き拭きされるときのルイジはほんとにかわいいんだよ(^^)

ブラシを使ったブラッシングは換毛期のみ。日頃は手ぐしでわしわしとマッサージしてます。
こうするとツヤツヤが増す感じ(^^)

b_0405_3.jpg

換毛期、そろそろ来ているかな。でもピークはまだっぽい。
ピークでなくても抜け毛は多い。床は毎日ホウキで掃いて、掃除機からはルイジのニオイが。
ホワイトシェパード飼いの犬仲間、さこぴさんは抜け毛で掃除機が壊れたそうです。恐るべき毛力。
ルイジの毛力といえば…
抜け毛は服にもいっぱいつきます。外側だけでなく内側にも入り込んでチクチクするんだよね。
ある日、足の裏にチクリと刺激が。靴の中に小石でも入ったかなと思って見てみたけど何もなし。靴下の中もチェックしたけどやはり何もなし。
気のせいか、と思ったけれどやっぱりチクチク。もう一度靴と靴下を確認、そしてふと足の裏を見てみたら…ルイジの毛が刺さってた!びっくりしたわー。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

お泊り練習→パーティー

土曜の夕方にルイジを義両親宅に預けてお泊り練習、翌日のお昼にちょっとドキドキしながら迎えに行ったよ。
ドアのところでといつものようにダリちゃんが真っ先に出迎えてくれる。そのダリちゃんの横ぴったりにくっついてルイジも私たちを出迎えてくれたよ。
普段は怖くて近づけないダリちゃんを気持ちの上ではきっと押しのけたいほどだったんだろうなぁ、と思うと嬉しくていじらしくて。
義両親と挨拶してる間は足元をうろうろしていたルイジ。でもルイジ、と声をかけて膝をつくとガバッと飛びついてハグしてくれた(^^)
ルイジのこういうところ、改めてすごいなぁいい子だなぁ好きだなぁと思う。
挨拶が済むとルイジ、バタッと横倒しになって寝ちゃった。
安心したんだろうなぁ、疲れてるんだろうなぁ。

b_0407_10.jpg

こちらはダリちゃん。

b_0407_9.jpg

これが2頭の距離感。

b_0407_8.jpg

ダリちゃん、ほんとに敷物みたいだ…。

ルイジ、家の中ではだいたいリラックスして過ごしていたそうです。四六時中ヨダレを垂らしてるわけじゃないのね、って義母。
そうです、ヨダレはエモーショナルになるとダクダクになるんですよー。ともあれヨダレを垂らしてなかったというのもリラックスできていた証拠。
ちょびちょびとケチはつけられたけれど(ポケットからハンカチをかすめとったとか散歩で引っ張り通しだったとか)、でもおおむねいい子にしていたって。
そして私が気づいたのが、ダリちゃんが近くにいてもルイジがリラックスしていること。顔を合わせないように、近づきすぎないように気を使っているけれど以前のように耳が開いて緊張状態になってることがない。
いい変化だなぁと思う。

ダリちゃんのほうにも変化が。
ダリちゃんって家の中ではほとんど動かないんです。呼んでもまぁ来ないし遊びに誘ってもたいがいスルーされる。
でもルイジがおもちゃで遊び始めるとダリちゃん、それは興味津々な様子で見つめてルイジの注意が逸れた好きにおもちゃを奪う。そしてちょっと離れたところに持っていって遊んでみる。それをぼんやり見つめるルイジ…。
ルイジ、上手に楽しそうに遊ぶからそれに刺激されちゃったんだろうな。遊び心を取り戻したダリちゃん、これもいい変化だなぁと思う。
いずれダリちゃんとルイジ、一緒に遊べるようになったりするんだろうか…。

ルイジが目覚めたところでお散歩へ。
義両親宅でお世話になる間、お散歩の定番コースになるであろう道を歩いたよ。
ほーんとに気持ちの良いお天気。

B_0407_3.jpg

ここは左右が牧草地で開けた視界にいろんな動物たちが。
ルイジ、落ち着こうよっていっても無理だとは思うけど…しかしまぁひどい引っ張りだった。。。
イライラが増していくマルちゃんに何をいってもムダなので私は写真撮影でも。
あ、子羊。

B_0407_5.jpg

クロッカスきれいだなー。

b_0407_6.jpg

ルイジは何を思う…。

b_0407_7.jpg

カラスも巣作り中。

B_0407_4.jpg

何度か歩いて慣れればもうちょっとリラックスして歩けるようになるかなぁ。うーん、お散歩に関してはやっぱり課題問題心配が山積みだ。
バタバタ散歩を終えて、でもまだまだ家には帰らないよー。
この日は義父の誕生日。よってお誕生日パーティーがあるのです。
お散歩から義両親宅に戻ると義弟とそのガールフレンド、そしてマルちゃんの二人の叔母さんにお婆ちゃんも来てた。

ひととおり挨拶するとルイジ、みずから静かなキッチンに行ってこうなったよ。

b_0407_2.jpg

かわいいやつめー!
ときどき起きてお客さんのところへ行って愛想をふりまいたり、たいがいいい子にしていたなぁ。
長くてにぎやかな時間もようやく終わってやっと帰路。
家に入るとルイジ、クッションに直行して深ーい眠りについたよ。お疲れ様、ルイジ。がんばったねぇ。

今回のお泊り練習でマルちゃんと私はもちろん義両親もちょっと安心できたかな。
そしてルイジも預けられてもまた私たちが迎えに来るということを学習してくれたかな。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

街でお買い物→ヒース野原散歩からの…お泊り練習

先週末の土曜。
まず街に出かけて買い物を少し。駐車場が混んでたのでちょっと離れた駅前に停めてそこから歩いたのだけど、まぁルイジの落ち着かないこと!前後左右に引っ張り目は泳いでパンティング。
でもいつものペットグッズショップに入ったらパタッと静かになった。馴染みの場所でいつも優しくしてくれるお兄さんがいるから安心したのかな。
ルイジのおやつを買ってまた車に乗りヒース野原へお散歩に。



写真の奥に老夫婦と彼らが連れている2匹の犬が写っているのが見えるかな。
2匹の犬のうちの1匹にギャンギャンそれも耳元で吠えられて、でもルイジはクールに対応したよ。体を背けそっと距離を置き、でも私たちのところに逃げ帰ったりもせず水遊び。

先客さんが場を離れたところでマルちゃんとレトリーブ。



今年の夏は泳げるようになるかなー?

お散歩後、向かったのはマルちゃん両親宅。
実は近々マルちゃんと私は日本へ帰省する予定なのです。その間、ルイジは義両親宅で預かってもらうことになっていて、この日はその練習として一泊させてもらうことに。

マルちゃんが3ページにわたるルイジのしおりを作ったよ。ルイジが理解しているコマンド、それからいたずらや困った行いへの対処法などが綴られてます。

b_0406_1.jpg

義両親宅へ着いてこのしおりを渡すとまぁ予想していた反応がかえってきた。
30年犬を飼ってきた経験があるのにこんな(バカバカしい)、と。そうだけれどでもね…猟犬は飼ったことがないでしょう、犬それぞれに違いがあるし、とやんわり説明。

ルイジを義両親宅に預けること、マルちゃんも私も本当に心配で気が重かった。
犬の育て方について、義両親とは根本的なところで食い違いがある。
それはリーダー論、アルファ論、パック論…。こういうかつてみなが当たり前のように信じていた理論で30年犬育てをしてきた人たちの考え方をアップデートすることはまぁ難しいよ。

でもその前にもっと大きな不動の柱としてあるのが、義両親は本当に犬が好きだということ。ルイジをとてもかわいがってくれている。ルイジも義両親のことが大好きでよくなついている。
そのことを信じてポジティブに考えなければ。
ルイジだって怖いダリちゃんの前では遠慮するからやたらに荒ぶることもないだろうし。

お茶してしばしお喋りしてルイジもリラックスしているところでマルちゃんと私は去ることに。
ルイジ、静かに座って窓から私たちを眺めていたよ。以前、数時間だけここで義母とお留守番してもらったときもこんな表情で見送ってくれてたなぁ。

ルイジのいない車で向かったのは友人のポーランド夫婦(S君&W子、そしてエアデールテリアのボルフ)のお宅。先日赤ちゃんが産まれたんだよ。
ボリビア一家も来ていてわいわいパーティーでした。
筋肉ムキムキのS君が抱っこする5週間の赤ちゃんがなんと小っちゃいこと(^^)

ちょっと久しぶりに会う友人たち、ルイジのことや時間を気にすることなくいろいろお喋りできてルイジには悪いけど楽しかった(^^)
でも気の毒だったのがボルフ。お客さんが来てるからとドアを隔てた向こうのボルフのスペースにいるようS君に命じられずっとクンクン小さく鳴いててね…。
なのでS君とW子の許可をもらってボルフと遊ばせてもらった。
追いかけっこしてちょっと組み合って遊んでたらふいにボルフの頭突きが私の顎にまともにヒット!一瞬めまいが…(^^;)でもボルフと遊べて嬉しかったよー。ルイジがいたらこんなふうには遊べないもんね。

そんなこんなで夜も遅くなり帰路へ。
ルイジのいない車でルイジのいない家へ帰るのは変な感じだった。
マルちゃんが電話をかけてみたら「リラックスして過ごしている。ご飯も完食した」と。あらまールイジ、すごいじゃないー!
私たちがいなくなったあとも鳴いたり吠えたりしなかったって。
で、安心したのもあるししとにかく疲れていたのであれこれ思うひまもなく就寝。。。

お泊り練習のつづきは次回に。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



テラのこととか

今日のお散歩、まずバンパー(大きなジャーマン・シェパード、オス、3歳くらい)と遭遇。
その距離100mくらいのところで飼い主さんとハンドサインでお互いに行く方を確認。私が迂回して接近は避ける。
バンパーの飼い主さんご夫婦はそろって革ジャン姿でハーレーをかっ飛ばすボーン・トゥ・ビー・ワイルド。奥さんの前歯には何かキラリと埋め込まれてておシャンティー♪
バンパーとルイジ、今まで何か問題があったわけじゃないけどいつ頃からかお互いにこうやって接触を避けている。
近づくとどうなるか…多分バンパーがルイジに飛びかかろうとするだろうな。1度5mくらいの距離でそうなったし。
バンパーは本当に人懐っこくてルイジが来る前は会うたびにめいっぱいナデナデさせてもらってた。でももう今ではそうはいかないね。

つづいて出会ったのはシャウルス(グレイタースイスマウンテンドッグ、オス、2歳半くらい)。
固まるルイジに10mくらいの距離から飛びかかろうとするシャウルス。飼い主さん、リードをぐいぐい引いてガウガウヒンヒン「あの犬のとこに行かせてよぅ!」なシャウルスを歩かせすれ違いざまに私にウィンクで挨拶してくれた。
ルイジが7ケ月くらいになるまではシャウルスとも平和に顔を合わせられたけど、それはルイジが相手にされてなかっただけだったんだなぁ。

ムクムク男子たちはいろいろ大変だ。。。

最後に会った、というか見かけたのはテラ(アイリッシュテリア、12歳、メス)。

昨日もテラとは顔を合わせた。
オフリードエリアから出てくる飼い主さん、それからだいぶ遅れてポテポテと登場したテラ。
「やぁテラ、元気そうだね」と声をかけるとくりくりの目でじーっと見つめてくれた。ちょっと悲しそうに微笑む飼い主さん。
というのもね、テラは明らかに元気じゃないから。
今年の1月に内臓にできた腫瘍を手術で切除したテラ。3㎏体重が減ったんだって。テラの体重は10㎏ちょっとしかないのにそのうちの3㎏。
術後の経過は良くお散歩中よく出会うけれど、もともとお年寄りで物静かだったテラ。ますます生気がなくなっちゃって。
その周りを反復横跳びみたいに飛び回るルイジ。「お前は元気ね!エネルギーが有り余っちゃって。さぁ走っておいで!」
と促されて、その日は違うルートを歩こうと思ってたけど予定変更でそのままオフリードエリアに。

走るルイジの姿は本当に若さとエネルギーがはじけんばかりだ。

テラを見かけるたびにいろいろ考えてしまう。
犬と暮らすということはいつも元気で楽しいときばっかりじゃない。
病気や怪我もするし歳をとる。

先日にお散歩中に見かけた子犬ちゃん。ちょっとずつ前に進んでは止まってニオイを嗅いで、おしっこして褒められておやつをもらってとっても嬉しそうに歩き出してまた立ち止まる。
ほんの1年前にルイジもあんなだったんだよね。
犬の一生ってなんて短いんだろう。

なんて考え事をしていたから、というわけでもないのだけど…
今日のお散歩でもオフリードエリアに行き、出口付近でルイジにリードをつけようとして間違えてルイジの口にリードの金具をつけようと、そしてハーネスの金具におやつをあげようとした私…ははは。
ルイジは口元に差し出された金具をじーっと見つめてました。

b_0215_8.jpg


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



三連休のいろいろ、その2

三連休二日目、ルイジも病み上がりだし前日の疲れもあるのでゆっくりしてました。

b_0331_1.jpg

この頃はこんなふうにぼんやりお外を眺めることができるようになった。

b_0401_6.jpg

さんざんソファに飛び乗るのを正された後なのでカーペットがぐしゃっとなってるけど(^^;)

b_mochisoba.jpg

お昼ご飯。おいしかった(^^)♪


さて、三連休最後の月曜日。

ガーデニングするマルちゃんとルイジ。

b_0401_1.jpg

ルイジも飽きずにずーっとマルちゃんの周りをうろうろ観察していたよ。

b_0401_3.jpg

マルちゃんが掃いているところはプチラベンダー畑だった。。。のに、ルイジがおトイレとして使って枯れ果ててしまった(TT)
根本までカットして、また新しく生えてきたらいいなぁ。
芝もだいぶボロボロ。どこまで復活するかしら。

ここで蔵出し動画。
同じ窓から2年半前、この家に引っ越してきた当時に撮影したダリちゃん。
みな引っ越し作業に忙しくて構ってもらえずお庭でひとり遊びからの暴走動画。



お庭の様子もずいぶん違うね…。
暖かくなって緑が出てきたらこんな感じにまた戻る…はず。。。


ガーデニングのあとお庭でお茶してお散歩。

夕飯はマルちゃんがおいしいキッシュを作ってくれたよ。

b_0401_4.jpg

そのそばをうろうろ観察しているルイジ。
私がお料理してるときもこんな感じ、かわいいんだよー(^^)

b_0401_5.jpg

ルイジ、いい子ちゃんだねぇ(^^)


こんなふうに、我々のそばにいるだけで満足できる、リラックスできる、そんなルイジの姿をみることが多くなった。
本当に本当に嬉しいことです(*^^*)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

三連休のいろいろ、その1

イースターと週末で三連休でした。

まず土曜日、ガーデニングセンターに出かけたよ。



私の押すカートを始め目に映るものすべてにたじたじドキドキのルイジ。

b_0330_2.jpg

でもとってもいい子にしてたよ(^^)

ささっとお買い物をすませてヒース野原へ。

野外でオフリードの待てはまだまだ難しいんだよ。でも上手にできた!
待てからのvoor(前に来ておすわり)動画。



b_0330_3.jpg

雪がちらついたと思ったら

b_0330_4.jpg

今度はお日様が。

ルイジの枝運び動画。



b_0330_5.jpg

筋肉美。

b_0330_6.jpg

日差しがあるっていいね(^^) 景色が全然違ってみえる。

b_0330_7.jpg

干し草の塊をチェック中。

b_0330_8.jpg

マルちゃんが追いかけっこに誘ったよ。

b_0330_9.jpg

ルイジのこの顔(^^;)


ガーデニングセンターからのヒース野原ロング散歩、さらにスーパーで私が買い物するのを車中でマルちゃんと待ってもらい長時間のお出掛けになりました。
ルイジも疲れたよねぇ。

しかし夜になってルイジの様子がおかしい。ヨダレをだらだら垂らしてこれは疲れてるだけじゃなくて気分が悪そうだぞ、と次の瞬間…

あ、食事中の方はここでストップしてくださいね。。。(^^;)



ヒース野原でルイジ、馬糞をだいぶ拾い食いしちゃったのでした。
それが具合を悪くした原因かはわからないけれど、嘔吐物は白い泡状の唾液に包まれた馬糞。
4回続けて吐いて心配したけれど、その後ぐぅぐぅいびきをかいて寝ていたのでまぁとりあえずは大丈夫でしょうと。
それからは吐くこともなく元気なルイジが復活したよ。
しかし馬糞って全然臭くないんだなぁ。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。