Luigi de bracco

2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ おでかけ
CATEGORY ≫ おでかけ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

怖かった週末(^^;)

去る土曜、お昼前から車に乗って…

b_141124_1.jpg

オランダ中部の友人宅を訪ねたよ。マルちゃんの旧友F君&Lちゃんそして5歳の長男君&3歳の次男君の四人家族。
8年に渡る外国暮らしの後、、今年の夏にオランダに戻ってきた彼ら。
以前F君のお母さん宅を訪ねたことはあったけど、彼らの新居は初めて。
到着したお宅は…

エレベーター無し、ものすごい急な階段の上の3階だった(^^;)

壁のように迫る階段、しかも狭い屋内でルイジ、固まる。。。
完全屋内の階段って登ったことないのにこれはハードル高い。でもまぁなんとかなるでしょう、と思ったけど結構手ごわかった。

b_141124_2.jpg

階段の真ん中、2階部分まで来たもののそこからまた先にすすめないルイジ。
数段登っては降りて、を繰り返して慣れたかと思うとそうでもなく、やっぱり怖いが勝ってしまうんだなぁ。
ある程度まで登ったらもう降りさせない、ハーネスを掴んで進むべき方向へ誘導して…

結局30分くらいかかってようやくお宅の玄関に到着、皆に拍手で迎えられたよ(^^;)

室内に入ると動物大好きの長男君、ルイジのところへボールを転がしてきたりとあの手この手でルイジの気を引こうとする。しかし緊張してるルイジはそれどころじゃない(^^;)
F君の家族はとにかく犬に、しかも大型犬に慣れているので本当にありがたい。
Lちゃんは「私の両親もかつて猟犬を飼ってたけど…このへん(首や口元)がこんなふう(ダブダブ)じゃなかった」と(笑)。

b_141124_3.jpg

F君と長男君とルイジ。

さて、お昼をいただいてしばしお喋りした後散歩に出かけることに。

ということはさっきの階段を下るということ…(さらにはまた登って戻らなくてはいけない)。
でも下りは意外とすんなり上手にできたよ。でも急いで飛び降りたりしないようにマルちゃんがハーネスをがっちり掴んでたけど。

ちょっと車を走らせて植物園に到着。

長男君がルイジのリードを持ちたいというので、マルちゃんが短く持ったリードの先の持ち手をどうぞ(^^)

b_141124_4.jpg

小高くなってるとこを上ると…

b_141124_5.jpg

なんと良い眺め!

b_141124_6.jpg

「ヨーロッパで一番大きな川だよ」と言うF君を疑いの眼差しで見る私。ヨーロッパで?オランダ内じゃなくて?
「ライン川だよ、ヨーロッパで一番の」

知らなかった…ライン川ってオランダも通ってたのね(^^;)
あのドイツのマインツで見たライン川とこんなところでまた再会するとは、となんだか感動。

植物園なだけあっていろんな木々が植えられている。
小さな青い実をたくさんつけた木があって、「これはリンゴの種類?」なんて上を見ながら歩いていたら地面にゴロゴロ転がっていた実に足を取られて見事に転んだ私…

b_141124_8.jpg

転んだのがこんなとこじゃなくて良かった(^^;)

さらに歩いて再びライン川。

b_141124_7.jpg

今年のオランダの秋は妙に良いお天気。この日も最高のお散歩日和だったよ。

b_141124_10.jpg

丘の上のかっこいい建物(ホテル)前でルイジ。
こんな写真を見ると悠々としてるように見えるでしょう。
でも実際のとこはもう酷い興奮状態の暴走特急弾丸野郎。初めてのとこだしまぁこうなることは予想されたけどすごかったなぁ(^^;)

さて、お散歩後再びお宅へ、そして再び恐怖の階段とご対面(^^;)
今回はもう全然最初の一歩も踏み出せず。忍耐の限界に来ていたマルちゃんは最後の手段、抱っこを決行!
33.3㎏のルイジを抱っこして急な階段を3階まで一気に登ったマルちゃん…見てるほうも緊張したけど無事入口に到着したよ(^^) でもマルちゃんの腰が大変なことになったよ(^^;)

夕飯を準備したりしてる間、ルイジはだいぶリラックスし始めた様子。持参したルイジマットを拠点としつつ、室内をちょっとフンフンする余裕も出てきた(^^)

ルイジがフードを食べ残したので、そのフードを使って次男君の前でおやつキャッチを披露すると見事キャッチしたルイジ。ワァーっとなる次男君。
やってみる?とフードを渡すも3歳の次男君はうまく投げることができず(^^;)なので手の平からあげることを提案。
次男君の小さな手に私がフードを載せて、ほらどうぞ、と指差すとソーッと食べるルイジ。
一粒食べさせる/食べるごとにワァーイ♪となる次男君とルイジ、微笑ましかったなぁ(*^^*)動物に餌付けするって本当に楽しいことだもんね。
そうやってフードも完食したよ(^^)。
あと、長男君も次男君もルイジに触りたがったけど、そんなときは体のサイド部分を触るようにしてもらったよ。
そしてあらかじめ自分の手でルイジの体に触れておくと、子どもの手が触ったときの犬側のビックリが少ない。これ、ヴィベケさんの本で知ったこと。

そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎてもう夜。
そろそろお暇しようと玄関に向かうと今度はルイジ、居間から玄関までの廊下が怖くなってしまった。
でも励まされてなんとか歩き出したよ。
一歩一歩進むごとに恐怖と緊張からのため息とも呻き声とも言えぬ声が「クフゥーッ!クフゥーッ!」と漏れる。
…あぁ、かわいそうな犬…しかし心の中では「おまえはクフ王か」と突っ込んでた私、ごめんね(^^;)

さらにそこから続く階段もなんとか降りて車に乗り込み家路。
大変な一日だったねぇ、お疲れ様(^^)

さて、その翌日の日曜。
またしてもルイジは怖い目に合うことに。。。

注文した薪が届いたので朝から庭の一角に積み上げる作業をしてたのだけど、手押し車に薪を積み降ろしするときのガラガラガラーという音がルイジ、どうにも怖いようで庭小屋の後ろ、植え込みの中、あちこちに身を潜めてはヒィヒィ鳴いていた。
…はぁ、かわいそうな犬…
でも遊びに誘ったり薪の切れ端をあげたりしてるうちに慣れてきたよ。

4時間かかって積み上げたこの冬分の薪がこちら。

b_141124_9.jpg

あれ、ルイジ…怒ってるの?(^^;)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

sociable week その4

短い夏の日々の楽しい出来事、スウェーデンに住む友人家族がはるばる訪ねてきてくれたよ!

まだお互い東京に住んでた10年くらい前に、SFAが縁で出会ったU子さん。その後、私が島根に引っ越した時もご主人のGっちゃんと一緒に遊びに来てくれた。
そして今回はオランダのこんな田舎まで来てくれて…ありがたくて嬉しくて涙が出ちゃう。4年ぶり(たぶん)の再会でした。
会ってない間にU子さん一家は家族が増えて3人の子だくさん!

さて、我が家を訪れてくれたみなさん。まずはルイジはお庭で待機してもらって、ちょっと落ち着いた頃に入場。
でも興奮してワンワン!が出ちゃった。それで子どもたち、すっかり萎縮して耳を塞いで固まってしまったよ。U子さん、「こんなの始めて」と笑ってた(^^;)

お昼(マルちゃん作オランダのパンケーキ)を食べてしばしおしゃべりしたのち、オランダのヴェニスことヒートホールンに出かけたよ。

b_140725_2.jpg

ルイジ、どこにいるか分かるかなー?
日差しが強いけれど風が爽やかなとってもいいお天気。

b_140725_3.jpg

熟睡している長男のK君、隠れてて見えないけどバギーの下の段には9ケ月のベビー、Cちゃんが(^^)

b_140725_5.jpg

渋滞中のボートとへっぴり腰で橋を渡るルイジ。
バギーを押しながら歩くU子さんと私はのんびりお喋りしながら歩くことができた。ということはすなわちルイジはとってもお利口さんで歩いていたということ。すごいすごい。
前回ルイジとヒートホールンに来たときは散々だったもんね(^^;)
テラスに座ってアイスを食べることもできたよ。これだってすごいこと!

b_140725_6.jpg

いつかルイジとボートに乗れる日が…来るかなぁ?

スーパーで買い物して帰宅。またまたBBQだよー。
Gっちゃんがルバーブでとってもおいしいデザートも作ってくれた。特製ドレッシングのサラダも(^^)
人数が多い分、ファイヤーマスターのマルちゃんも焼き甲斐があったね(^^)d

夜もだいぶ遅くなった頃、U子さんご家族は宿泊先へお帰りに。
そして翌日、夕方にまた遊びに来てくれたご一家。
今回はルイジ、一切の警戒などなくタオルをくわえて尻尾フリフリお出迎えしたよ。子どもたちも前日よりだいぶリラックスしてたね(^^)

b_140725_7.jpg

一通り挨拶が終わったらこんなふうにリラックスしてたルイジ。
しかし赤ちゃんには興味津々!

b_140725_8.jpg

そーっと近づいて慎重にニオイをフンフン。
ルイジ、優しい顔してるね(^^)
U子さんがリラックスして接してくれたのでルイジも緊張したりビクビクせずにすんだよ。
そんなこんなでこの日もとっても楽しい一時でした。

「ワイルドでライオットな子どもたち(by U子さん)」にビクビクの怖がりルイジの対面…どうなるかなぁと思ってたけどなんか全然大丈夫でただただ楽しいだけだったなぁ(^^)
そしてU子さん&Gっちゃん&子どもたち、ほんとにほんとにはるばるこんなところまで来てくれてありがとう。次は我々がスウェーデンまで行くよー!


さてこの1週間、たくさんの人たちと一緒の時間をいろんなシチュエーションで過ごし、ルイジも私たちも自信につながったと思う。
よく頑張ったルイジ、明後日でちょうど2歳半になるよ(^^)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

sociable week その3

さて土曜。
マルちゃんの学生時代の友人グループとオランダ中部でBBQパーティーが計画されていた。
知らない場所、チビッ子4人を含む総勢13人…

ルイジは義父に預けて出かけようか、と義父にも前もってお願いしてあった。

でも前日のS君Mちゃんを招いてのBBQでもルイジはとってもお利口さんにしていた。
子どもたちは子どもたち同志で忙しくしているであろうし、もしどうしてもダメとなったら早々に引き揚げようということで…

ルイジも一緒に連れて行ったよ(^^)

b_140721_3.jpg

マルちゃんが通った大学つながりのグループだけれど、外国暮らしの友人が多くなかなか集まる機会も無く1年ぶりや数年ぶりの再会でした。
おもしろいのが子どもたち、子どもたち同志では英語で会話、大人とはオランダ語で会話していた。いいなぁ子どもの語学習得能力、柔軟さ。

b_140721_4.jpg

さてルイジは…

b_140721_5.jpg

真横を子どもが走ったときはさすがに「ワン!」が出たけれど、だいたいはマルちゃんの早めのインターセプトでやり過ごせたよ(^^)d 挑発(笑)にも乗らず、いい子ちゃんだった!
しかし4人の子どもたちのエネルギーは底なし。延々と家の周りを走り回っているのでトリーツポーチいっぱいにぎゅうぎゅう詰めて持って行ったルイジのおやつも帰る頃には空っぽになってた(^^;)

しかし今回、子どもたちより何より大変だったのは暑さ。
日陰でも暑くてハァハァが止まらず。クールダウンになるかとホースの水をジャブジャブとぶっかけたらルイジ、遠い目をしてされるがままになってた(^^;)

ともかく長い一日、ルイジよく頑張ったね。私も皆といろいろお喋りできて楽しかったよ(^^)
そして改めて思ったこと。
犬好きな人って意外と少ないのね(^^;)
普段会う人々が犬飼いさんばかりだから犬にまったく興味が無かったりルイジの大きさに引いてる人たちを見ると新鮮な気もするけれど、これが多分普通なのだよなぁ。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

日本に帰省してました

1週間ちょっと、日本に帰省してました。

その間ルイジは義両親宅に預かってもらったよ。出発の前夜、ルイジの身の周り品いろいろを車に積んで、義両親宅に着いたらケージを組み立ててあれこれ説明。
しばしお喋りして犬たちと遊んでおやッチーをお披露目したり。で、マルちゃんと私はそろそろ行こうか、で支度。でもルイジのリードもハーネスも用意されないので「自分はここに残るんだ」と理解した様子、ドアに向かう私たちを追いかけることもなく、部屋の真ん中でじーっとこちらを見つめてた。
うぅぅ…なんていい子でかわいくてかわいそうなんだろう…(T_T)後ろ髪を引かれる思いで後にする。元気にしているんだよ。

さて、日本滞在中どんなことをしたかというと…

出雲大社をお参りしたり…

b_140326_9.jpg

浅草寺で*hanaha*バッグと一緒に写真撮ってみたり…

b_140326_10.jpg

スカイツリーを見に行ったり

b_140326_11.jpg

これは後日スカイツリーの上からマルちゃんが撮った写真。すごいなー。

b_140326_3.jpg

NINJAで姉&妹一家とお食事したり…

NINJAって忍者の隠れ里風のエンターテイメントレストラン。忍者が案内&お給仕してくれるのが楽しいけどお料理もとってもおいしい!

これは和風トマトのカッペリーニ。

b_140326_7.jpg

お寿司もかわいくておいしかった(^^)

b_140326_6.jpg

そしてそのメンバーでディズニーランドにも行ったよ♪
義弟が撮ってくれた写真。

b_140326_12.jpg

三連休中だったので激混み。でもディズニーランド通で地図なしで歩ける姉のおかげでアトラクションもいろいろ乗ることができたよ。
特に新しくなったスターツアーズはもう最高、感動のかっこ良さ!2回乗った1回目はタトゥウィーンでのポッドレース!2回目は雪の惑星ホスでAT-ATの下をくぐったりしたのちデススターへ、デススターから脱出したらホバフェットが待ってるという…夢みたいな内容で超満足(*^^*)50種類もパターンがあるんだって。

夕暮れ時のビッグサンダーマウンテン。

b_140326_4.jpg

2時間待って乗ったよ(^^;)

さらに閉園前にスペースマウンテンに乗ろうと並んでいたら「お兄さん、体が大きいので座れるか…試し乘りをすることもできますよ」と係のお姉さんがマルちゃんに。で、整備場みたいなところに入って点検中(?)のやつに座ってみるというレアな体験をするマルちゃん(ギリギリ座れた)。明るいところで見たらスペースマウンテンのロケットは真っ青だったよ。
で、列に戻っていよいよ次は私たちが乗車の番!というところで安全装置が作動、すべてが止まってしまうという事態に。。。
でも30分ほど待って無事乗ることができたよ。やっぱりスペースマウンテンはエキサイティングで超かっこいいなぁ。と興奮気味にランドを後にする頃にはもう11時前だったよ。

こちらは屋台を見つけてすかさず姉が買った「グリーンまん」

b_140326_5.jpg

もちもちかわいくて中には苺、カスタード、チョコの3種のクリームが入ってたよ。


そんな感じで楽しく充実の日々を過ごしてルイジの待つオランダへ…。

到着したその日の夜にルイジを迎えに行ったよ。
10日ぶりに会うルイジ…

もうこれ以上は後ろに下がらないよってくらいのウレ耳でタオルをくわえてしっぽをお尻ごとふりふり(^^)
私が膝をついておいでというと、肩にがしっと前足をかけてギューとハグして顔を押し付けてきた。さらに顔の特に目の辺りをしきりに嗅いでいた。お鼻をくっつけてピタピタクンクン。

お世話をしてくれた義両親に感謝、いい子にしてくれていたルイジにありがとう。

そして帰宅して…


b_140326_2.jpg

あぁ、やっぱり我が家はいいなぁ…って言ってそう(^^;)

そしてよく寝る。。。

b_140326.jpg

疲れてるんだよね。頑張ったね。

あと、預ける前と変わったこと、ご飯をしっかり食べるようになった。
単にそういう気分なだけかもしれないけれど、「どうぞ」と出したらすぐに食べて残さない。これ珍しいのですルイジにとっては。


日本で買い物もいろいろしたよ。
ルイジ用のクッキー型とスタンプも。さっそく使ってクッキーを焼いてみた。

koekie.jpg

うーん、スプーン型なんだけれど(ほんとは骨型が良かったけど見つからなかった)焼きあがったらスプーンに見えないな…。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

Roggebotzand

ルイジ行きつけのペットグッズショップ、PetsplaceではLief Dierという雑誌を無料配布している。
その中に散歩コースを紹介しているページがあって、エリアの優れた点や改善すべき点や注意すべき点、総合評価などが書かれている。
切り抜いてとっておいたそのページの中から、せっかくのお休みだしということで一番近くのところに出かけてみることにしたよ。

車で1時間くらいで目印のパンケーキレストランに到着!

b_030114_9.jpg

こちらがそのパンケーキレストラン。
その近くには周囲のウォーキングコースの案内図が。

b_030114_10.jpg

私たちは3.7㎞のコースを歩くことにしたよ。
一部をのぞいてこのエリアは犬はオフリードOK。
車道から離れたところでルイジのリードもオフにした。

b_030114_1.jpg

家の近くのオフリードエリア以外でルイジをオフリードにするのは久しぶり。
去年は足しげく通ったヒース野原も犬のオフリードが禁止になってしまったのだ。
なんだかなぁ。。。残念なことである。犬を安全にオフリードにできる場所がどんどん減っていく。

そのヒース野原と比べてここはいろんな景色が楽しめるよ。

b_030114_2.jpg

こちらはワイルドローズ園だって、ペコ父さんいかがでしょう…(^◇^;)?

ごきげんで走り回っていたルイジ、何かのニオイを追いかけて前方を歩く人と犬のグループを発見。ついて行ってしまって呼んでも全然戻ってこない。。。

仕方ないので迎えに行って、残念だけれどやっぱりお縄ちょうだいのオンリード。
そしてしばし険悪な雰囲気に(ルイジが逃走&呼び戻しに応じなかったこと&オンリードで引っ張り突進でマルちゃんイライラプンプン…)

でもお天気もよく素敵な景色の中を歩き続け、私がリードを持つのを交代したりしてるうちにそれぞれ気持ちを取り戻したよ(^^)

b_030114_3.jpg

この場所には船の遺跡があるらしい。
ルイジがどこにいるか分かるかなー?

b_030114_4.jpg

ここでした(^^)

b_030114_5.jpg

b_030114_6.jpg

コースを延長して川沿いに歩いてみる。
このエリアの最大の長所(犬にとっての)は「きれいな水」と上の雑誌に紹介されていた。夏になったらここでまた泳ぎの練習する?

1時間半ほど歩いてパンケーキレストラン付近に戻ってきた。
そこにはこんな小人の目印が。

b_030114_7.jpg

周囲はちょっとした「お話の森」みたいになってたよ(^^)

こんな小屋も。ルイジが窓から顔出してるの、分かるかなー?

b_030114_8.jpg

そしてこちらがこの日のハイライト…!

b_03014_8.jpg

丸太の上を歩くルイジ!
まさか歩くとは思わなかったのでマルちゃんも私もびっくり!
動画に撮るからもう1回お願いしたけど…



途中で降りちゃった。
でもすごいよー(^^)

最初しかオフリードにできなかったのは残念だった。でも素敵なお散歩コースでみんな大満足(*^^*)
さらには通り道にジャパニーズレストラン湖があるのを発見。
テイクアウトもできるということでお寿司などいろいろお持ち帰りしたよ(^^)
味は日本のスーパーやコンビニなどと同等のレベル…かな。ともかくマルちゃんも私もおいしくいただいて満足でした♪

またあそこで散歩してスシをテイクアウトしよう、とマルちゃんも言ってたよ(^^)
上のパンケーキレストランは犬の入店OKだし、いろんな可能性はあるよね。でも暖かくなったらあの界隈は子どもで大賑わいになりそうだ…(^^;)


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

橋の上の犬、再び…

オランダはクリスマスで仕事納め。マルちゃんも休暇に入った…けど、職場に携帯を置き忘れてしまったと。。。
というわけでその携帯を取りに行くがてら、近くの森でお散歩することにしたよ。
マルちゃんの職場近くには以前にも記事にした素敵な森があります。
(そのときの記事…橋の上の犬、このときはお財布を忘れたんだったね(^^;)

さて、その素敵な森にはルイジのぼこぼこ皮膚炎を引き起こした要因と思われるストレスの素、橋がある。マルちゃんは敢えてそこをルイジと再び歩きたいと。
だいじょうぶかなぁ。私は心配だった。

携帯をピックアップした後、お散歩開始。

b_2312_1.jpg

前回訪れたときは緑色だった景色が今は茶色。
数日前が冬至だったけれど、まだまだ秋だなぁと思う。オランダの本格的に寒い冬はやっぱり1月と2月かな。

さて、歩き進めていくつかの橋を渡る。ルイジ、多少躊躇するものの果敢に歩いて渡ったよ!

へっぴり腰でおずおず→最後はダッシュ!



えらいえらい!すごいなぁ(^^)

ルイジはナイーヴちゃんで小さなこと、なんでもないことをひとりでドラマに仕立てあげて盛り上がっちゃう子だ。自分で自分の生き方を難しくしてるなぁと思う。
でもこの夏、いろんなところを訪れていろいろ経験したことはルイジの心を強くするのに役立ったかな。

そして差し掛かった最大の難関。

b_2312_2.jpg

ちなみに前回、同じところで撮った写真がこれ。

b_0622_5.jpg

やっぱり夏っていいな。。。

さておき、おずおず歩み出したルイジ。立ち止まることなく中間地点まで到達。しかし後半、足場の素材が変わったところで怖くなってしまった。伏せて固まろうとしたところを励ましてなんとか歩き続けて…
橋、やっつけたぞー!

b_2312_3.jpg

到着地点で記念撮影(^^)

これの後に現れた小さな橋なんてもはやピース・オブ・ケーキ。ルイジ、先頭に立ってスタスタ歩いたよ(へっぴり腰ではあったけど)。
次にここを訪れたらもうあの難関橋もなんでもなくなるかなぁ。
マルちゃんはチャレンジが好きだし結構しつこい(^^;)そして私は「もうそれくらいでやめとこうよ」とすぐ思ってしまう。そしてそれをマルちゃんは「逃げてる、隠れてる」と表現する。。。

チャレンジなくして成長なし。でも決してこれくらい大丈夫と安易に楽観視したり無理強いしたりしてはいけない。
飼い主には我が犬の限度を見極める責任があるもの。バランスが大事だよね。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

街とボルフとガブちゃん

土曜の昨日は昼過ぎから車でおでかけ。
一つめの目的地は…

b_1711_5.jpg

私たちが住んでるところより大きな街。
マルちゃんと私は3年前までここに住んでたんだよー。

b_1711_2.jpg

でもルイジにとってはここを歩くのは初。
もう地に足がつかない感じでフワフワキョロキョロソワソワしながら歩いてた(^^;)

b_1711_3.jpg

お店が閉まる17時の30分くらい前に来て正解。人もだいぶ少なくなってたから。

b_1711_4.jpg

マルちゃんが家電のお店をチェックしているのを待っているところ。
ルイジ、落ち着いているように見えるけどヒィーヒィー声が漏れてたよ(^^;)

b_1711_1.jpg

街をちょっとお散歩してから次の目的地、友達のポーランド人夫婦のW子とS君、そしてボルフのお宅へ。10ケ月になるベイビーのガブちゃんもいるんだよ。

通りを歩いてるときは気分も上々だったルイジ、しかしお宅に到着してS君が開けたドアの向こうにハイハイするガブちゃんが見えた途端、固まってしまった(^^;)
ま、ビックリする気持ちも分かるよ。
時間がちょっとかかったけどなんとか玄関に入ったところでボルフの熱烈歓迎を受けてまた固まっちゃったルイジ。

ちなみにルイジがボルフと会うのはこれが3度目、彼らのお宅におじゃまするのは2度目。でもガブちゃんと対面するのは初だし赤ちゃんそのものもこんなふうに近くでじっくり対面するのが初。
(前回訪問したときの記事はこちら…強風とボルフとトワイライト

というわけで…ボルフには申し訳ないけどちょっと席をはずしてもらって、まずはガブちゃんと慣れさせてもらう。
ガブちゃんが単独で近づいてきたり触ってくると小さく唸るルイジ、しかしS君が抱っこしてるとそーっとニオイを嗅ぎにいったよ。
しばらくしてルイジも状況を受け入れてきたところで今度はお庭でルイジとボルフのセッション。
忙しく飛び跳ねながらルイジのニオイを嗅いだり様子をうかがうボルフ。ルイジは初めは固まってたけどマルちゃんのサポートもあってだいじょうぶと理解した様子。

で、こんな感じに。

b_1711_6.jpg

ときどきボルフがクンクン鳴きながらルイジに近づいてきてルイジ、顔を背けて小さく唸る。
ボルフが何かにつけてワァーイってなるとそのアクティブさに耐えられずルイジがワンワン吠え始めボルフも応戦してワンワン!
そんなことが何度かあったけれどでも2頭ともお互いのボディランゲージを読みあってとても礼儀正しく振る舞っていたと思う。
階下で2頭がワンコラしてたのにぐっすり寝ていたガブちゃんもあっぱれ。

せっかくなのでボルフもトイレットペーパー祭りに参加してもらったよ。
ルイジより足長で体高もちょっと高いボルフだから9ロールいくかな?と思ったけど…

b_1711_7.jpg

8ロール半でした。ルイジと同じだったよ。
「なんでトイレットペーパーと比べるの…?」と不思議がってたW子も「今度から誰かにボルフの大きさを聞かれたらトイレットペーパー8.5ロール分って言うわ」だって(^^)

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

土曜のこと

先週末の土曜は昼過ぎから車でオランダ北部へ…。

まずはシカちゃんのところで遅いお昼ご飯とお散歩。

シカちゃんのところにはいろんな動物がいるよ。

b_1011_2.jpg

ゴージャスな鳥さんとか。

b_1011_33.jpg

森の中を歩いて行くと…


b_1011_44.jpg

ここにも先日の嵐の爪痕が。

行く手を阻む倒木。

b_1110_1.jpg

飛び越えるにはちょっと大きいね、ということで…



くぐったよ(^^)

b_1011_5.jpg

こんな立派な大木も倒れてしまって。

素敵なお散歩コースだった森はだいぶ大きな被害でスカスカになっちゃってました。

お散歩後はマルちゃん両親宅へ。
しばしお茶してからルイジを義母に預けて義父とともに少し離れたところにある教会へ。
ここで開催中の絵画展に義父も出品しているのだ。
義父の絵はアクリル絵の具の風景画でとっても素敵なんだよ。

小一時間ほどの後、義母&ダリちゃんとお留守番してくれていたルイジのもとへ。ルイジ、いい子にしてたって(^^)
そのルイジを連れて今度はおばあちゃん訪問。

おばあちゃん、ルイジの姿を見て大喜びだったよ(^^)
前回訪問したときはエレベータになかなか乗れなかったルイジ(その前は大丈夫だったのに)。今回はどうかな?と思ったらあっさりと自ら乗り込んだ。えらいえらい。
そして毎度のことながらおばあちゃんのところではルイジはすぐに伏せてリラックス体勢に入る。
室内が暖かいしみんな座ってじっとしてるからだろうなぁ。
義両親宅でルイジがなかなか落ち着けないのはみんながわぁわぁお喋りしてひっきりなしに歩き回ってるからだよね(^^;)

おばあちゃんのところでしばし過ごしたらまた義両親宅へ。
夕飯をいただいてしばし寛ぐ。
マルちゃんと私がソファに座ると片方からダリちゃん、もう片方からルイジがギュウギュウと体を寄せてくる。
2頭の犬、お互いを意識してルイジはヒィーヒィーと声がかすかに漏れているしダリちゃんもパンティングしたりアクビをしたり。それでも離れようとせずリラックスしてるふり…(^^;)

と、近づくとさすがに多少の緊張感はあるもののダリちゃんとルイジの関係は本当に良くなった。ダリちゃんもルイジを認めて受け入れているしルイジもダリちゃんのことを以前ほど怖がっていない。
2頭並んで座っておやつも食べられるよ。

そんなこんなで帰宅したのは夜10時頃。
もうルイジ疲労困憊状態である。午前中は午前中でペンキ塗りしてたマルちゃんをチェックしなきゃいけなくて全然寝れなかったもんね(^^;)
おつかれさま(^^) がんばったね。

b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

キャンプ in Noordwijk

先日申請したパスポートができあがって、受取りにはまたデン・ハーグの日本大使館まで行かねばなりません。
せっかくハーグまで行くのならルイジとのお試しキャンプと組み合わせられないかな、マルちゃんはルイジと海に行きたいと言ってた、ハーグの近くには海もあるよ。
ということでこのシーズンでもオフリードの犬OKのビーチがあるノールドヴァイクで一泊キャンプすることにしたよ。

だいたいどこでキャンプするかは決めていたけれど、出発を決めたのは当日(^^;)
数時間でパッキングしてお昼の12時前に出発。

約2時間でハーグに到着してパスポートの受取り。
10年前に作ったのと比べてだいぶ変わったなぁ。そして初めてパスポートを作ってカーディフにSFAに会いに行ってからもう10年たつんだなぁなんて思い出したり…。

そこからさらに車で40分でノールドヴァイクのキャンプ場に到着。
近辺にキャンプ場はいっぱいあったけれどマルちゃんがチョイスしたのはその中でも非常にこじんまりしたところ。
こじんまりしすぎててお手洗いがなんと一つしかなかった。10組以上キャンプしてるのにもう信じられないー一泊だから我慢するけどスペースも狭いし…。
なんて私が不満たらたらな間にマルちゃんはテントをささっと組み立ててしまったよ。

camp2.jpg

お庭キャンプでの練習の甲斐あってルイジもテントには動じなかった。周囲の環境には警戒モードだったけど。

キャンプ場のオーナーさんとお話。
「目の前の道をまっすぐ行くと犬をオフリードにできるビーチに行ける、いいキャンプ場をチョイスしたね」だって。
ちょっと休憩したらさっそくそのビーチに行ってみることに。

初めての場所、しかもキャンプ場のとなりは乗馬クラブで興奮状態のルイジ。いつも以上に引っ張っること引っ張ること(^^;)
ちょっと歩いたら「ビーチまで1.6㎞」のサイン。

strand0.jpg

こんな景色の中を歩いて歩いて…

strand2.jpg

わーい、海ー!
夕暮れ時でこの日は肌寒かったので誰もいなかったよ。

ルイジの海デビューの様子(^^)
楽しそうねー♪



カモメを追いかけて全速力で走って潮だまりに入ったら思わぬ深さで頭まで浸かってしまったり(^^;)
でも海や波を怖がってる様子は全然なかったよ。
楽しそうな様子を見てる私たちもとっても嬉しかった。

strand.jpg

strand1.jpg

ルイジ、全身ずぶ濡れの砂まみれ。
もうそろそろキャンプに戻ろうかね、といったとこで砂掘りから変な興奮状態になってガウガウスイッチが入っちゃった(^^;)
それでもすぐ持ち直してだいぶ落ち着いた様子でキャンプまで歩いたよ。

camp1.jpg

キャンプご飯はマルちゃん担当。
塩コショウなどを始め忘れ物がいろいろあったけど、おいしかったよ。

ルイジもご飯を食べ終わったところで全員疲れてるしまだ早いけどテントの中でくつろぐことに。

camp4.jpg

ルイジ、最初は周囲を通る人、犬、馬などに警戒吠えしていたけれど疲れには勝てず。
寝袋をまくらに寝てしまったよ。
ふかふかで気持ちいいんだろうな。今日、ほんとに頑張ったねぇ(^^)

camp3.jpg

さらにはマルちゃんをまくらに(^^)

オランダ人は本当にキャンプが好き。
テントやキャラバン、キャンピングカーでどこにでも出かけてキャンプする。
サッカーW杯の南アフリカ大会でも大量のオランダ人が現地でキャンプしていた。

実をいうと私、キャンプの楽しさがまだちょっとピンとこないところもある。
だって狭いしいろいろ不便でしょう。今回はお手洗いが一つしかなかったりしたし。
でもキャンプだとルイジと一緒に寝られる(^^)これは楽しい。

ともかく今回の一泊キャンプはルイジにとっても私たちにとっても良い練習になったよ。
次はもっとスムーズに上手にできるだろうし、
私も慣れてもっと楽しめるようになるかな。

翌日、パンとスープで朝食の後、お手洗いを気長に待ってテントをたたんで後片付けの後また昨日のビーチへ。
まだ午前中だったけれど快晴で気温も上昇。サイクリングやハイキングの人たちもいっぱい。

青空のビーチだよー。

strand3.jpg

いいお天気なだけあってビーチにも日光浴&海水浴の家族連れがちらほら。そしてそのほとんどが小さなお子様連れ…。

ここの長ーいビーチはエリアごとに犬のオフリード可・不可が決めらている。
私たちがいたオフリードエリアから遥か彼方に見える両サイドのエリアの砂浜は人でぎっしりなのが遠目に見える。そのエリアはビーチのすぐそばまで車で行くことができるから人もいっぱい、そして犬はリードが義務付けられている。

オフリードエリアとはいえ小さなお子様がいっぱいいるから私たちはルイジのリードをオンのままにした。乗馬の人たちもいたし。
水着着用で泳ぐ気まんまんだったマルちゃんはルイジと一緒に海に入ってルイジも頑張って泳いでたけど、リードがどうにも煩わしい。
海水浴シーズンでも犬も一緒に泳げるビーチってオランダでもそうはない。犬の立ち入りが禁止されてるところだってある。
それでわざわざここに来たのに、どうしてあのお子様連れの家族はちょっと向こうの犬ビーチじゃないとこに行ってくれないんだろう、って恨めしく思ったり。。。
そしてフリーで走り回ったり泳いだりしている他の犬たちとその飼い主さんたちがうらやましく。
オフリードエリアとはいえ犬が何か事故を起こしたらもちろん飼い主の責任。もしかしたらチビっ子に飛びついて転ばせてしまうかも、そんな心配もしなくて良いくらいきちんとトレーニングできていることが大前提なのだよね。
ルイジもきっと大丈夫だったと思うけれど…。
とにかく前日、フリーでビーチを満喫できてて良かった。
私のビーチ沿いのカフェのテラスでビールを飲みたいという希望は叶わなかったけど(そんなカフェのある周辺は激混み)、ルイジが楽しそうに走り回っている動画を見返すとやっぱり来て良かった、楽しかったなぁって思っちゃう(^^)

帰り道、ちょっと世界遺産に寄り道してから帰宅。
その世界遺産についてはまた今度…。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える


デン・ハーグ

パスポートが近々きれちゃう、更新するには日本大使館のあるデン・ハーグまで行かなければなりませぬ。デン・ハーグの大使館へはうちから電車とバスで片道約3時間。。。遠いなぁ。
スムーズにいってもまぁ7時間はかかるだろうからルイジにお留守番させるのはムリ、ということでマルちゃんに休みをとってもらったよ。



最寄り駅までルイジと一緒に送ってくれた(^^)
電車の時間の10分前に駅に到着。しかし電車が20分遅れて待つこと30分(^^;)
だいぶ緊張してたルイジにとっては長くかかっちゃった。ごめんねぇ。

b_0724_2.jpg

電車の中から撮った写真。ケンカしないでいい子にしてるんだよー。

乗り換えなしでデン・ハーグまで行ける電車に乗ったのに、途中でオランダ鉄道NSにありがちな気まぐれ路線変更。
まぁこんなのは想定内、と電車を乗り換えてバスに乗り継いで道に迷うこともなくスムーズに大使館まで到着。
パスポートの申請もささっ終わって(私よりも早口な日本語を話すオランダ人女性が対応してくれた)せっかくなのでちょっとハーグの街をブラついてみることに。

私が住んでる街と比べるとハーグは大都会。でも大小の差はあれど街中にあるお店ってオランダ内どこでも同じ感じなのよねぇ、と気持ちが盛り上がらず。
お昼を食べたけどどうも味気なくてつまらない。東京で暮らしてたころはオシャレなカフェで一人ランチとか大好きだったんだけどなぁ。

そんな感じで早々に帰路につくことに。

b_0724_3.jpg

あら、素敵なバッグ。

帰りの電車、どれに乗ったら良いのかよく分からず。マルちゃんに借りたスマートフォンで路線案内を見るもやっぱり良く分からず(^^;)
なのでインフォメーションの窓口で教えてもらってやれやれ、と電車に乗り込む。
30分くらい後、ユトレヒトという駅で電車を乗り換えて発車するのを待ってたら…「火災発生によってこの電車はアメルスフォールトより先にはいきません」と orz

どうしたものか、またまたインフォメーションの窓口に行って聞いてみると「7番線から43分発の電車に乗ってアムステルダムサウドまで戻ってそこで乗り換えて」と。
つまりはオランダ内部を通るルートは閉鎖されてしまったので干拓地を通るルートをとれというわけね、と言われた電車に乗って20分くらい後戻り。
そこからまた2回電車を乗り換えてだいぶ長旅になっちゃった。でもお供があったから平気だったよ。

b_0724_4.jpg

スターバックスで注文すると名前を聞かれる。惜しい(^^;)
そしてこの前日本に帰省したときに実家から持参した「アラベスク」、せっかく時間があるので1コマ1コマ超じっくり読んだよ。

それにしてもこんなふうに電車がめちゃくちゃになることって本当にしょっちゅうなのです。
でも乗客も「やれやれまたか」みたいにのんびりしてるし駅員さんに怒って詰め寄ったりなんてあり得ない。お互いストレスが無くていいよなぁと思う。
そしてオランダ人はこれでオランダの鉄道にわりと満足しているのだ。マルちゃんに言わせると、「他の国と比べてもこんなにちゃんと走ってるのは稀、日本の新幹線なんかは普通じゃない」んだって。

さて、やっとのことで最寄り駅に到着してホームを歩いていたら向こうのほうに茶色い影が。わーいルイジ(とマルちゃん)が迎えに来てくれてたよー!かわいいよー!

やっぱり一日がかりになったパスポート申請。また受取りにもいかなくちゃ。


b_yoko_hanaha.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 大型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ポインターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。